子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイエットに成功するためにイメージが大切な理由


ダイエットが良い悪いは別として
今回はダイエットを成功させる方法について書きますね。

ダイエット


これは違うことにも応用可能な考え方なんで
読んでもらえたら違う分野にも役立つと思います!



人間は恒常性維持機能をもっています。
長く続けている体の状態を維持しようとする機能です。
ホメオスタシス理論というものです。



この恒常性維持がダイエットにも影響を与えているはずです。
私の持論なんで眉唾で聞いてください^^;



どういうことか簡単に説明します。



人は恒常性維持で自分の今現在の
長く続いている状態を安全と判断し、
自然と維持しようとします。



例えば、今までずっとふくよかだった人は
ふくよかであることが自分にとっての通常の姿となり、
この姿を自然と維持しようという意識が無意識に働くということです。



その人がダイエットをして急激に痩せることができたとしましょう。
でも、自分の体は今までの状態の方が圧倒的に長かったので
急激に痩せた姿に違和感を覚えます。
なので、昔の状態を維持しようとしてしまうんです。



そのため、体型が変わったにも関わらず
いつまでたっても食欲が以前のまま変わらない。
そして、徐々にもとの状態に戻ってしまうんです。



では、どうしたらダイエットに成功するのか。



それは、頭の中の自分のイメージを
完全に変えてしまうという方法です。


自分が理想とする体型を手に入れて、
喜びを覚えている自分をリアルにイメージをし、
それを毎日ふとした瞬間に思い出すんです。


頭の中に、理想とする体型のイメージが完全に定着してくると
脳は現実とイメージを区別できないので
強烈なイメージの方に恒常性維持を働かせようとします。


すると、今の体型に違和感を覚え、
自分の行動が徐々にダイエットに成功に向かう行動になってきます。
自然となんです。

海辺の女性


食べる量が自然と減ります。
今まで無意識に惰性でお菓子を食べていたものが
自然と食べたくなくなったり、
食べない方がいいかなという意識が強くなったりします。


これのイメージを強化する方法として
理想とするモデルの写真を頻繁に見るという方法があります。



憧れの体型であるモデルの写真を携帯などの待ち受けにして
毎回眺めていると脳のイメージが変わってきます。



また、自分が理想とする体型になったら着てみたい服を
先に買い、クローゼットの目立つところに飾っておく
なんて方法も効果的です。



これも脳が理想の体型をイメージするのを助けてくれ
恒常性維持が理想の体型に働くように仕向けてくれます。



ダイエットを成功させようとしたら、
行動を変えることに必死になるのではなく、
まずは頭の中の自己イメージを変えていくことから
スタートしてみてください。

きっとうまくいくと思いますよ。



子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJ☆ブリッジ


代表 小川一樹







スポンサーサイト
  1. 2015/04/12(日) 19:44:55|
  2. 健康

お手軽な運動じゃないと嫌だという方のためにお勧めな3つの厳選運動器具!


今回の記事は教育じゃないです。
筋トレとダイエットについてです!


世の中にはいろいろなダイエット商品があふれていますが、
食べないで痩せるというのは全くダメです。


脂肪より筋肉は減りやすいんで、
カロリーが足りないと筋肉を燃焼してしまうんです。


筋力が減れば
基礎代謝が減って
カロリーを消費しにくい体になります。



つまり太りやすい体質になるということです。



筋肉量を減らさずに脂肪を減らすのが
遠回りな様で一番のダイエットの王道だと思っています。


ちなみに歳をとると太りやすくなる理由についての記事は→こちら


で、今回は脂肪を減らす方ではなく
筋力を増やす方について書きますね。


女性がマッチョになることはホルモンの関係で
かなりストイックにならない限り大丈夫なので
ご安心を。


さて、筋トレをしたくてもできない人は何でできないのか。



答えは簡単で面倒だからだと思います^^;
私の住んでいるコンドミニアムには
1階にトレーニングジムがあります。


にも関わらず、そこに行くのですら面倒に思えます^^;


まず着替えるのが面倒。
行くのも面倒・・・



もし、運動そのものが面倒でなければ
筋力を高めることができるので
基礎代謝をアップさせることができますよね。



そこで今回は若干の元筋肉マニアである私が、
おすすめの運動器具を紹介しますね☆
筋肉
これは37歳のころの写真です。


ジムに通うことなく、
これから紹介する器具しか使っていませんし、
思い出した隙間時間にやっているだけです!


効果あるんです!


まず1つ目は
フィットネス用のゴムです!
La・VIE(ラ・ヴィ) のびーるフィットネス




これの良いところは
座りながらできるところなんです。


テレビを見ながら、
ちょっとしたときに
女性がたぷたぷになりがちな二の腕を鍛えることができるんです。


アレンジの仕方で全身使えますし、
ソファーに置いておいて
テレビのCMの間にさくっと筋トレができます。


このサクッと筋トレができてしまうところが味噌なんです。


いちいち筋トレしよう!と決意しなくていいんです。
サクッとです。


このゴムはソフト、ハード、スーパーハードと3種類に分かれます。
La・VIE(ラ・ヴィ) のびーるフィットネス ソフト
La・VIE(ラ・ヴィ) のびーるフィットネス ハード
La・VIE(ラ・ヴィ) のびーるフィットネス スーパーハード


私が使っているのはもちろんスーパーハードです!
が、かなりキツイんで、女性ならソフトでいいんじゃないかなって思います。


2つ目は腕立ての器具です。

プッシュアップバー

この器具のポイントはいつもより深く腕立てができるということです。
女性なら深く腕立てをすることで
胸筋に深く刺激を与えることができるので
バストアップにつながります。

女性であれば、
下にマットを敷いて、膝立ちの状態でやると
かなり楽になって筋トレしやすくなるはずです。

さらに普通に呼吸を深くして
体をリラックスしながら行うと
インナーマッスルにも働きかけながら
血流もアップするので
体にも良いのでおすすめです。




3つ目は腹筋ローラーです。

スリムトレーナー

これはやばいです。
私はバキバキい腹筋が割れました☆

女性であればどのように運動すればよいかといいますと
腕立て同様に膝立ちでやることをおすすめします。


そして、ヨガのように深く呼吸しながら
お腹の内側の筋肉が動いているところを
しっかりと意識しながら運動すれば
1分程度でも十分な腹筋運動になります。


この何十回もやらないですむところがいいんです。
数回やれば確実にお腹にくるんです。
数回ならサボらずテレビのCMの合間にできますよね。



教育とは全く関係ないですが
筋トレマニアなんで、
ちょっと知識をご提供しました^^;



少しでもお役に立っていたらうれしいです!



バンコク学習塾
TJ☆ブリッジ

代表 小川一樹
  1. 2015/04/09(木) 03:31:59|
  2. 健康

竹原慎二さんのガンから学ぶ生活習慣

なんじゃ!イキっとるんか。

でおなじみの元ボクシングチャンピオンの竹原慎二さん。
私にとってはガチンコファイトクラブで有名な人ですW


世界チャンピオンで相当に強い人で、
そんなにお年じゃなかったと思います。


が、42歳で膀胱ガンだったんですね…


頻尿と激しい痛みに襲われて病院に行ったら
膀胱炎と誤診されたそうです。


最終的には血尿で気づいたそうです。


病院


放置した結果、
ガンがかなり悪いレベルまで進んでしまったとのこと。


最近、有名人の悲報が多い気がしています。
そして、何とか回復したけども竹原慎二さんも
ガンで苦しんでいた事実。


いろいろな情報を耳にし、
さらに今回、竹原さんガンから復活するテレビを見て、
正直、自分の健康に対する不安感に襲われました。



竹原慎二さんも世界チャンピオンだからこそ、
自分の体は絶対に健康だと自信があったことでしょう。
他の人より頑丈だとも思っていたでしょう。



それでも体の中で確実に進行するガン細胞。


表だってわかったときには
すでに手遅れ。
死にたくないという強い気持ちから
様々な治療にかかったお金は1000万円。


世界チャンピオンの竹原さんでも
死の恐怖を前に泣いていたそうです。
本当に聞いていて怖くなります。



自分も健康には自信があります。
でも、そのようなガン因子は確実に
自分の体の中に存在するんでしょう。
誰の体の中にもガン因子はあるはずです。



それを抑制させることができるか。




しかし、恐怖に立ち止まっていては人生はじまらない。


ロッククライミングだって同じでしょう。
登っている最中に落下の恐怖はあるけど
下を見ながら登っていたら、
転落の危険性が増してしまいます。
上に登れば恐怖心は高くなる。
だったら登らないか、
その場で止まっているのが一番安全。
それで楽しいのか?
いや、怖さを抱えながらも上に登っていくことが
楽しいはずです。
やったことないけど・・・w



だからと言って、何も対処せずにのぼり続けるのも無謀。


ガンになるガン遺伝子は誰でももっている。
そのガン遺伝子が突然変異を起こすことでガンになるなら、
ガンにならないような生活スタイルがあるはず。


世界ガン基金研究所とアメリカガン研究財団の報告から
学ぶことがあるはずです。

1)穀類、豆類、イモ類、海藻類を豊富に食べ、
  総摂取エネルギーの45%~60%にする。

2)野菜、果物を豊富に食べ、これから総エネルギーの7%以上を摂取する。

3)肉類は1日80g以下にする。

4)脂肪はできるだけ少な目に。

5)食塩を1日6g以下にする。

6)BMIを20程度に維持し、成人になって5キロ以上体重を増やさない。

7)早歩きか同程度の運動を1日1時間、週に最低1時間活発な運動をする。

8)ストレスをためないようなライフスタイルを実行する。

9)たばこを吸わない。

10)アルコールをとらない。



ガン患者の中でこれらを守っている人は全くいないそうです。



あまり抑制しすぎるとストレスがたまる気がします。
できそうなものを選んで実行することが大切
でしょうね。


私ができそうなことは、
4)5)6)8)9)10)
でしょうか。

1)2)3)は意識しすぎると苦しく、
ストレスがたまりそうなので、
ちょっとスルー。
7)は立ち仕事なんで大丈夫かな?
一応エレベーターではなく、階段を使うように意識します。


みなさんも生活週間を見直してみてくださいね。



子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹

  1. 2015/01/21(水) 15:22:17|
  2. 健康

歳をとると太りやすくなる3つの理由

今年で私は38歳になります。
この年齢になると周囲から
太りやすくなったという声を聞くようになります。



ちなみに私は大学のときから体重は変わっておらず、
まだ腹筋は6つに割れています。
げっそりアイドルの人体の構造上の割れじゃなくて
しっかり余剰の筋肉で割れてます。

筋トレ


高校、大学と格闘技好きから筋トレも好きになり、
ターザンなんて名前からして危険な香りがする
トレーニング雑誌を読んでいたんで、
トレーニングに関しては若干余計な知識をもっています。
大学のときは腹筋に血管が浮いていたくらいですw



では、そんな元ターザン愛読者が
歳を取って太りやすくなるのはなんでだろう?
と3つ考えてみました。


1)運動量がそもそも減っている。
2)アルコールを飲んでいる。
3)筋肉が減って基礎代謝が減っている。



この3つについて話します。
そもそも食べる量が激的に増えていたら
何か考える必要がなく、それが原因なので
考えから飛ばしますw


太るとは、入るカロリーと出るカロリーを比べて
入るカロリーの方が多いということですよね。


入る量は昔から変わっていないのに太るということは
出るカロリーが少ないということです。



1)に関しては、運動しているという人もいるかもしれないけど、
若いころに比べて、やはり劣っているんじゃないでしょうか?
年齢じゃなくて、運動量が少ないってことです。


歳をとると省エネ型の動きになるものです。
出来る限り疲れない動きを体がさがし、
動かないようになるものです。
ソファーで寝ころぶ機会が多い人は
考える間でもなく運動量が減っているでしょうね。


だから出るカロリーが少ないから余ったカロリーが
脂肪として蓄えられていく
んです。


2)のアルコール。
アルコール

アルコールは炭水化物と結びついて脂肪になりやすい。
私はアルコールを飲めない体質なので
それがラッキーなのかもしれません。
アルコールを飲んでいる人は
それだけで脂肪が付き易いということです。
年齢じゃなくてアルコールということ。



3)の基礎代謝。

筋肉は維持するだけでもカロリーを使います。
ということは、若いころは筋肉があって、
食べても寝ているだけでも筋肉がカロリーを
消費してくれていたんです。


でも、歳を重ねると運動はしても
筋肉に負荷をかけるほどの運動ではないので
徐々に筋肉量が減っているはずです。


徐々に筋肉が減っていった結果、
いつの日か筋肉が消費してくれる基礎代謝のカロリーと
運動で消費したカロリーの合計が
入ってくるカロリーより少なくなった
ということ。


今までは同じ運動量でも筋肉を維持するだけでも
カロリーを使っていたんで太らなかった。
が、今ではその筋肉が減って基礎代謝してくれなくなった分だけ
カロリーが余って脂肪になるという仕組みです。


まとめます。

1)運動量がそもそも減っている。
2)アルコールを飲んでいる。
3)筋肉が減って基礎代謝が減っている。



この3つがポイントだとターザンでいつのまにか
頭の中に蓄えられていた知識をもとに考えてみました。


その中でも個人的に大切だなって思うのが
3)の基礎代謝です。
この基礎代謝が減ることが
今までと同じ生活なのに脂肪が蓄積していく
直接の原因かなって思います。



で、女性がやる危険なダイエットは
食べる量を減らすもの。
ダイエット

食べる量を減らすと何が起きるか。


減ったカロリーを維持するために
一時的に筋肉を燃やしてカロリーを得るんです。


筋肉は重いんで、
筋肉を燃やして減った分、すごく体重が減ります。


ただ、さっきの3)の通り、
減った筋肉の影響で基礎代謝も減っているんです。


そこで食べる量を以前に戻せば、
昔よりも基礎代謝が減った分だけ
太りやすくなる
という恐ろしい結果が待っています。


食べる量を減らすだけのダイエットは
徐々に基礎代謝が減っていく分も重ねて
食べる量を減らしていかなければならないという
超ハードな道なんです。



なので、おすすめは筋トレ。
筋肉は脂肪より重いんで、
筋肉をつけると体重は増えます。



が、その分、基礎代謝が増えるんで、
そのあとのダイエットが楽になります。


ウォーキングなどの軽くて長時間できる
有酸素運動は脂肪を燃焼させます。



なので、筋トレで筋肉量を増やした後に
軽い有酸素運動をするのが
ダイエットの王道
だと思っています。



ということで、
今回は子育てとは全く関係ない
元筋トレマニアの記事でした。


【関連記事】
簡単ダイエットの極意

厳選!たった3つのお手軽筋トレ器具!



子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川 一樹


お役に立ちましたら「いいね」や「シェア」をいただけると励みになります☆




  1. 2015/01/20(火) 11:10:49|
  2. 健康

結果ばかりを追い求めて大事なことを忘れていませんか?【黄金のガチョウの卵】

健康って大切だなんて誰でも何て知っている



自分の父親の薬をもらいに病院に行ってきました。
私の父親は脳出血の影響で半身が不自由で
言語にも影響が出ているんです。


こうやって病院に行くといつも思うことがあります。


それは健康の大切さ


何をいまさら!ってことですし、
心が微動だにしないほど当たり前のことですよね。



でも、わかっているようで
実はわかっていないってことが結構あるんだと思うのです。



例えば、自分は教師なんで、子供たちの例にします。


忘れ物をしてしまう子に
「忘れ物はいけないことだよ!」
なんて偉そうに言って、
「え?そうだったんですか?はじめて知りました。
ごめんなさい。」
なんて子供は言いません。
はじめから知っていることですよね。


でも、してしまう。
ここがわかっているけど
わかっていないという矛盾するような
言葉が成立する
所以なんです。



健康は大切ですよね?
「はい・・・。」
でも不健康なことをしてしまう。



病院に行くとさまざまな人たちがいて、
特に今日響いたのは、
車椅子に乗って、泣いている年配の方。
何で泣いているのかわからないんですが、
時々泣いているんですよ。。。



きっとこの方も私の歳の頃は
普通に歩いて生活していたのかな・・・
まさか自分の身体が車いす生活になるなんて
思いもしなかったでしょう・・・
なんて思うと、自分の体を労わろうかな
なんて考えが湧き起ってくるものです。


別に今まで全く身体を労わろうと考えていなかったわけではなくて
風邪ひいた程度でも多少は労わろうなんて考えてはいるんですけどね。
ついつい軽い兆候だと数日すると忘れてしまうんです。



イソップ物語の黄金とガチョウの卵の話



黄金とガチョウの卵という話はご存知ですか?

黄金のガチョウの卵



黄金の卵を1日1個産むガチョウ。
その黄金の卵ほしさの欲が抑えきれなくなり、
ガチョウのお腹を掻っ捌く強欲者。

ガチョウは死んでしまい
永久に黄金の卵は手に入れることができないという話。



人はやりたいことがあると
自分の体のことを忘れて
ついつい走り過ぎてしまうもの。



日本の父親だってほとんどがそうですよね。
朝から夜遅くまで走り続けます。



でも、これって黄金の卵を求めるために
ガチョウの腹を掻っ捌く行為と似ています。



身体を酷使して結果を求めれば、
その対価に見合う結果は得られるかもしれませんが、
その結果は永久に続くのではなく
身体を壊して短期間で終わってしまうかもしれない。
そんなことも考えておく必要があります。



自動車だってそう。
毎日使うからといってメンテナンスもせず、
ただただ乗り続けていれば、
必ずガタが来ます。



ガタが来る前にしっかりとケアするか。



身体であれば違和感があるときに
その違和感に正直になり、
いったん歩みを止めてケアできるか。
これが長く歩み続けるために大切なことだと思います。



自戒の念を込めて
働きまくりの人に言いたいこと。



黄金の卵を産み続けるために
ガチョウのケアを忘れていませんか?





子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆



  1. 2014/12/10(水) 13:18:53|
  2. 健康
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。