子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育ては水前寺清子♪【3-2=1】なんです。

幸せは歩いて来ない♪で有名な
365歩のマーチという
水前寺清子さんの歌をご存知ですか?


だんだんと知らない世代の方も増えていると思うので
まずは動画をどうぞ♪



3歩進んで2歩下がる♪

この部分は子育てですごーく大切な考え方なんですよ。
深いです。


子供の成長は個人差があるのは当然ですよね。
そうは言っても
人と比べて遅い、速い・・・。
気になるのも事実。


でも、自分が大人になって気が付くことって
1年の歳の差なんて
全く関係ないということですよね。


だから、子育てに関しても同世代の優劣は
将来の優劣を決めているわけでは
まったくありませんし、
余裕で逆転劇が起きますよ。



私の知っている限りでも
小学校時代に目立たなかった子が
大人になって自分で会社を起業し、
小さいながらも社長として奮闘しています。


勉強で目立つことなく、
むしろやんちゃな面で目立っていた子の中に、
順調に会社経営をしている人もいます。



勉強で優秀だったのに、
いつも愚痴って仕事をしている人もいますし、
ニート的に親と同居する状況に苦しむ人もいます。
有名な大学を出ているのに
自分のことを社畜と呼んでいる人すらいます。



わかっていても
他人と比べて我が子の成長が遅いと感じた時、
焦る気持ちが起きるのが親の常。



そんな時思い出してほしいのが
「3歩進んで2歩下がる」です。



何かを教えてあげたとき、
子どもたちは大きく「3歩」進みます。



が、できて褒めてあげても、
後日「2歩」さがるんですよね。



そんな時、多くの人はできていない「2歩」に意識が向きがち
人の子と比べたらどうしてこんなこともできないの?って。
すると当然「2歩」を叱る場面が多くなってしまうのです。



子どもたちは「自信」を失い、
失敗を隠そうとする様になります。



失敗を隠そうとすることで、
成長のスピードはより遅くなり、
叱ることが増えるという悪循環モードに突入です。



ここで発想の転換。


「3歩」引く「2歩」は「1歩」進んでいることに
注目です☆



「1歩」進んだことは素晴らしいことです。
この成長を励ましてあげることが
かえって子供の成長には良かったりします。


その1歩の成長を本人が喜べるようになれば、
間違う、できないの「2歩」も
成長のための大切な「2歩」にとらえ方が変わります。




3割バッターのイチローですら
7割打てない打席があるんです。


7割の失敗から学び、3割の記録がうまれるのです。



子育ては「3歩進んで2歩下がる」


人と比べなくてもその一歩を褒めてあげる。
心のどこかに留めておいて
いただけたらと思います☆



お役に立ちましたら「いいね」や「シェア」をいただけると励みになります☆




子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾 
TJ☆ブリッジ

                       
小川 一樹
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 13:23:29|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親も一緒に!シュワちゃんの名言から学ぶ子育て

子供に何かをさせたい、してもらいたいとき、
命令だったり、単純な指示を与えたりするけど
うまくいかないってことありませんか?


そんな時にすごく役に立つ名言を紹介します☆



子供たちに「さあ、運動する時間よ」
などとせかしてはならない。

やる気をそいでしまうからだ。

「公園へ行って遊ぼう」と誘ったほうがいい。
そして子供と一緒に走り、ブランコに乗る。
         

シュワルツネッガー
アーノルド



アーノルド・シュワルツネッガーは、
ターミネーターシリーズで有名な俳優。
さらにカリフォルニア州の知事も努めた人です。



俳優で有名になる前は、
世界最高峰のボディービルダー大会で
7回も優勝をした夢をつかむ達人です。




子育てをしていると
「○○しなさい!」と言いたくなるものです。



自分が子どもの頃、
命令されるとやる気を無くした経験がありませんか?
「やる気を落とさず子どもたちに何かをさせる」


さぁ、一緒に遊ぼう。


シンプルな言葉ですが、
ガツンと気づかされる言葉ですよね。



親が動けばいいんです。


本を読みなさい!
じゃなくて
家族一緒に読書タイム。


片づけなさい!
じゃなくて
一緒に片づけタイム。


ある程度年齢を重ねた子には
効き目が薄いでしょう。


だからこそ、低学年のころから
親が子と一緒にやる習慣を身に付けておけば、
とっても有効です!



子育ての参考になれば幸いです☆



 他のシュワルツネッガー名言【なりきり効果】


ブログ「子育てに悩みながら親になる」
執筆者
バンコク 学習塾 
TJブリッジ                  
小川 一樹



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆


関連記事
  1. 2012/05/08(火) 12:13:00|
  2. 名言・格言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。