子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怒っても変わらない子どもへの対処法とは


子どもたちは成長のためにクリアすべき課題をもっています。
ただ、その課題は多様であり、かつ根が深いことがあります。
そんなとき、身近な存在であればあるほど
強く指導したくなるもの。

怒る


教育を生業にする私であっても
息子に対しては冷静ではいられず
強く言いたくなる衝動にかられることも多々あります。
ぐっとこらえていますが、
きっと目が怒っていることがばれているでしょう^^;


ただ、確実なことは強く指導して
恐怖を植え付けることは
見たところは課題解決に有効ですが
課題解決より重要な親子関係を壊すきっかけに
なる
ので注意が必要になります。


また、強く言った日から数日間は有効でも
また元に戻ってしまうということもよくあります。
まるで一過性の劇薬のようなもの。


一過性だけに再び強く指導しなければならない。
そんな悪循環にはまると大変です。。。


この悪循環は子供たちをパワーアップさせます。
まるでドラゴンボールのサイヤ人。

どんどん怒られることに耐性が出てきます。
ちょっとやそっとの強い指導では効き目がなくなるほど
パワーアップします。

子どものパワーアップに伴って
大人も益々強い口調で指導しなければならなくなります。

結果として親子関係が完全に壊れる方向へ・・・・


ではどうすることが有効か。
確実に実行できる手立てを考えて、
それを日々のルーティーンにすること
です。


例えば、漢字の点数が悪くて伸び悩んでいる子がいるとします。
確実に実行できる手立てとしては、
毎回、やっている学校の宿題の後に
ひらがなのページから親が5問程度
書けるかどうか問題を出してみる。
出来なかった問題には×をつけておく。

また翌日×のテストから入り
違う漢字で同じ手立てをする。

ただ、これだけで今までの点数より
確実にアップします。
満点を目指し過ぎると負荷が高くなりすぎるので
あえてこれくらいのレベルをただ繰り返す。


怒っても変わらなかった子が
たったこれだけで変わるものです。


そのためには親の習慣化も必要になります。
確実にこの時間になったら宿題をやり
さらに終わったら5問だけ問題を出すという習慣を
子ども任せにせず、親も忘れずに管理できるか
ということも大切です。

言うは易し行うは難し。


簡単そうでなかなか続けることが難しいものです。
そんな場合は週末だけやる習慣にしても良いです。


とにかく言うだけでは子どもはなかなか変わらないので
何らかの手立てが必要だということです。
少しでもお子様の成長のヒントになれば幸いです。



子育てに悩みながら親になる
バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/25(木) 13:14:47|
  2. 子育て

人生の残りの日数から自分の人生のテーマが見えてくる



人生は1回きり。



誰もが知っていながら
どこか現実味がわかない言葉。


しかし、充実した濃い人生を送るためには
人生は1回きりであることに
リアル感があると良いものです。


そんなリアル感を出すために
自分の人生の日数を計算してみることをおすすめします!
 

人生という道


私がこの記事を書いたときの年齢を参考にした場合です。

 

日本人男子の平均寿命80年 29200日
今まで生きてきた日数    13881日
 
おおよその残りの日数    15319日
 
 
あと2年で折り返しの14600日。


あまり現実をとらえたくない数字だけど
肝を据えて1日1日歩き続けるために
必要な数字でもあるんです。
 
 

では一度きりの人生であれば
自分は何のために生まれたのか。
という疑問が出てくると思います。



私に関して言えば
自分の中に大卒後から見えているテーマは
【教育】


結婚してからは
【家族】
が加わりました。
 
 
このテーマが明確になるからこそ
これから新たなテーマが追加されるかどうか
敏感にアンテナを立てることができます。


私はこの2つのテーマとはずっと共に歩いていきます☆
みなさんはどんなテーマで残りの日数を歩いていきますか?



バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川 一樹



黒ずみに!満足率94.8%の『ホワイトラグジュアリープレミアム』


関連記事
  1. 2015/06/23(火) 12:00:57|
  2. 生き方

お子様は質より量の勉強になっていませんか?

土曜の午後3時から午後7時まで
中学生の定期テスト対策をしました。


10分休憩を2回とっただけで
子どもたちは本当に真剣に勉強しました。

勉強

私が復習のプリントを用意しましたが
それをほとんど仕上げる子もいました。


ただ、苦しんでいる子もいました。


他塾にも通う子だったのですが
そこから出された課題が大量で
押しつぶされそうになっていました。
  
 
見てみるとどこかで見たことがある
塾用教材の
試験範囲の全コピー冊子でした。
 
 
私もそれはさすがに残りの日数から逆算しても
キツイ量だと感じました。
できなくはないですが、
終わらせるためには
ほぼ勉強漬けになるでしょう。 
 
  
私が大切にしていることがあります。
子どもたちに【続けることができる力】を
身に付けさせるということ
です。
 
 
量が質をカバーすることはあるけど
やはり質を求めていかないと
続けることができません。
 
 
勉強は一生続くもので、
定期テストの時だけやるものではありません。
 
 
大量の課題に押しつぶされそうな子は
正直、焦っていました。
課題を終わらせないと・・・と。
焦っているからこそ、
簡単な問題でも
すぐに私に助けを求めてきていました。
  
 
しかし、それをやっていたら
できる問題はできる。
できない問題は飛ばす。
 
 
やっと課題が終わった途端に
定期テストを迎えます。
 
 
テスト勉強で大切なことは何か。
わからないことを
わかるようにし、さらにいつでも
アウトプットできる状態にすることです。

 

わからない問題こそ宝物にも関わらず
量をこなすためにそれを飛ばすようにしていたら
せっかくのわからない問題から
学ぶチャンスを捨ててしまうことになります。
 
  
どこの塾に通うにせよ、
子どもたちに与えられている課題の量が
あまりにも膨大ではないかを
チェックしてあげ、
質より量という単純作業にならないよう
声をかけてあげることが必要です。



大切なのは量より質



バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

関連記事
  1. 2015/06/21(日) 13:37:15|
  2. 勉強
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。