子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

父親として生きる覚悟

テレビである芸能人の父が
白血病でなくなったという話。
 
 
彼の父親の生きざまに心打たれました。
 
 
白血病は骨髄移植で助かる可能性あります。
娘以外の家族全員調べてみても父親と
一致する骨髄が見つかりませんでした。
 
 
最期に娘を検査しようかという家族の意思の中、
白血病だった父親の判断は違いました。
 
 
【娘の小さい体に傷をつけたくない。
 自分の延命の可能性を調べるために
 小さい体に負担をかけたくない。】

 
父と子

 
父親は娘の骨髄検査を自ら断り、
残りの短い命を全うしました。
 
 
私も父親としては同じ立場です。
自分の命がかかっているとき、
どのような判断をするのだろうか。
 
 
骨髄検査は我が子の体に傷をつけることになる。
でも、それで自分が助かるなら
幼いわが子をまだ育てることができる。
 
 
我が子を傷つけずに私が死ぬ。
そのとき、残された我が子のことを考えると
死にきれない気がします。
 
 
死に直面しないと
自分がどのような決断をするかはわかりません。
 
 
でも、どちらの判断が正しいかではなく、
父親としての生きざま、覚悟、決意のようなものを
再確認できたことが自分にとって大切でした。
 
 
【自分の命を度外視しても我が子を愛すること】
テレビの中の父親のこの姿勢に心を打たれて
自分を省みたのは事実。
 
 
これからも父親として
覚悟をもって我が子を育てていきたい
と再確認させてくれた
テレビに番組との出会いに感謝です。
 
 
テレビは悪という単純なことではなく
テレビも見かたによって
大きな糧になると思いました。


【関連】
子どもを伸ばす父親、ダメにする父親


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/30(日) 13:14:38|
  2. 父親

人が気にしないところに徹底的にこだわることがプロフェッショナル

プロフェッショナル仕事の流儀で
アニメ映画監督細田守さんの制作現場を見ました。


これぞプロフェッショナルという仕事ぶり。


眉毛一つとってもちょっとしたmm単位の角度の違いで
表情が変わり、心理が変わってしまう。
だからこそ、その眉毛一つというディテールにもこだわりをもち
徹底的に正解を求めづづける姿勢。


素人では気づかない角度の違いにこそ
魂が宿るのでしょうか。
何回も何回も書き直します。


「物事には正解が必ずある」という姿勢を貫き
誰がそんなところ見るんだ!?という微細な点を
徹底的にこだわりぬく姿は職人です。


さらに、アニメを見ていて見落としがちな風景。


その風景を公園にすると決め、
その公園の雰囲気に徹底的にこだわる。
さらに驚いたことはこだわっていたにも関わらず
少し違和感を覚えたら駐車場に変えるんです。
背景の風景だけで
5時間くらいの制作過程を踏んでいました。


世の中の第一線で活躍する人のこだわりには
脱帽させられると共に自分の仕事観を振り返らせてくれます。


「自分の仕事にとっての正解を追求し続ける」


正解があるかないかが大切なのではなく
この姿勢をもって追求し続けることが大切なんだと思います。


このプロフェッショナルな姿勢を少しでも自分のものとして
明日からの仕事を頑張っていきたいと思います☆


【関連】
「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉


バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ

代表 小川一樹
関連記事
  1. 2015/08/30(日) 12:52:04|
  2. 仕事

子どもたちに【考える力】を身に付けさせるために大人である私たちが気を付けること

子どもに身に付けてもらいたい力に
【考える力】があります。


自分で物事を正しく判断できる力は
大人になったときに必要になる力です。


この考える力を子どもたちに身に付けさせたいと思うとき
私は自分自身のことを振り返らずにはいられません。


自分は日々しっかりと【考えて行動しているか】
ということ
です。

ネット上には真偽がわからない情報があふれています。
テレビの情報も誰かの主観が入り、客観的な情報ではない
2次情報であることが多い
ものです。


その時、その情報を鵜呑みにすることなく
自分でしっかり考えて正しい情報がどうか
判断することが大切になります。


判断があっているか間違っているかは大切なことですが、
完璧な人間などいないので間違うことは避けられません。
間違うことを恐れていては何もできなくなってしまいます。


判断の正誤ではなく、
大切なのが自分でしっかり考えたかということです。


学生の頃、薬局でアルバイトをしていたことがあります。
情報番組で健康特集をやると
翌日にその商品が飛ぶように売れるので
その商品を多く仕入れて店頭に並べることがありました。


でも、その売上げはすぐに落ち、
次々と売れる商品が変わっていくものです。
本当に健康であればずっと定期的に売れ続けるものですが
どうも次から次に出る新しい情報によって
消費する側が買うものをコロコロと変えているような現象が見られました。


自分にとって本当に必要なものが何かを考えるのではなく
あのテレビ番組が言っているのだから正しいだろうという
根拠の薄い思い込みがあるような感じをうけました。


いじめの殺人があったとき、
警察の公式発表の前に容疑者と思われる人の
顔写真や住所がネット上に公開されるということがありました。


結果として正しい情報であることもありますが、
もし間違えてしまった情報であった場合、
取り返しのつかないことになります。


公式ではない未確認情報を公に発表してしまう
という行為
は子どもたちだけではなく
大人でもやってしまう人がいるものです。


子どもたちに【考える力】を身に付けさせる立場である
大人である私たちは
常に自分自身の行動を振り返り、
しっかり自分自身で正しい情報かどうかを
吟味して行動する責任がある
と感じています。


子育ての情報も山ほどあります。
褒めて育てよ。褒めないで育てよ。
褒める一つとってみても
両極端の情報があるものです。


両方の情報をしった上で
どちらの情報を正しい情報と自ら判断して
自分の子育てに取り入れていくのか。

そこは他人に任せるところではなく
自分自身でしっかり考えて行動していくことが
大切だと考えています。


子育て論に関して対立する情報がある場合、
えてして両者ともに正しいものであることが
多くあります。
どちらかを肯定し、どちらかを排除するのではなく
両者の良いとこどりというハイブリットな
子育てという方法も正しい考え方
であると言えます。


子どもたちの考える力を育てるとき、
私たち大人も考え続けることが大切である
という
教育観のもと、これからも目の前の子どもたちを
育てていきたいと思います。


少しでも子育てのお役に立てたら嬉しいです☆


【関連】
叱らず、問いかける--子どもをぐんぐん伸ばす対話力

子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う



バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹
関連記事
  1. 2015/08/19(水) 20:17:57|
  2. 子育て
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。