子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さいころはあんなにかわいかったのに・・・子の自己主張

「小さいころはあんなかわいかったのに・・・」


わがままを言うようになった子を前に
よく耳にする言葉です。
わがまま



でも考えてみると、
子供は成長するにしたがって
自己主張をするものなのです。



純粋無垢だった赤ちゃんから
しっかり成長し、
自分の価値観を持ち始めたという証。



成長の証であるなら
自己主張をすることは
喜ぶべきことなんです☆



でも、今まで純粋に
親の言うことを聞いてくれていたし、
自己主張の仕方が下手で
ただの「わがまま」に近いこともあるので
やっかいです。


では、わがままも言わず、
何でも素直に聞いてくれる子が
そのまま大人になったらどうでしょう。



もしかしたら、大人になってもすべてYESで受け入れ、
自分の主張ができず、かなりのストレスを抱えて
生活していかなければならないとしたらどうでしょう。



受け入れたくて受け入れているなら良いのですが、
もし言いたくてもいえずにいるのであれば、
つらいですよね。



自己主張は大切な力なのです。
子供のころは下手な「わがまま」かもしれません。
でも、自己主張をする練習をする必要があるのです。



その練習に適した場所はどこか。


家庭です。


子供が安心して自己主張できる家庭。
それは、親と子の信頼関係がしっかりできている家庭です。




子が親のことを信頼しているという土台があるからこそ、
安心して一見生意気な自己主張をすることができるのです。




子供が自己主張をぶつけたとき、
威圧的に否定しないこと。
しっかり受け止めて話し合う姿勢をもつこと。




それでもムカッとくるときはありますが、
ムカッときていいのでしょう。




こういう自己主張をすれば、
人はムカッとするんだなと親の反応を見て、
学ぶことができるからです。



子が親にわがままを言うのは
子が親を信頼している証。



と、自分に言い聞かせながら
子育てをしている今日この頃です(苦笑




子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ

代表 小川 一樹


関連記事
  1. 2014/03/20(木) 12:13:50|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<超おすすめ!【ドラゴン戦士のドラゴンアッシュ】 | ホーム | 【驚】ノートがきれいな子が成績が上がらない理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/112-03cf96af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。