子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お父さんは嫌い?子育ては氷山の一角☆

高学年の子供たちの中には
父親を嫌いという子が増えてきます。




理由は何だと思いますか?



理由は、
「すぐ怒る。」
「あまり話さない。」
「怖い。」
「うるさい。」


などがありました。



家族のために一生懸命に
働いているのにつら過ぎません?



平日は仕事で忙しく、
土日もゴルフ。


でもそれは子供には伝わっていないんです。



子供と接する時間が少なくなってしまって、
その結果、子供に伝わっているのは
あまり家にいないということです。


しかもたまに家にいると思ったら、
疲れてぐったりしてたら、
そのイメージしか残りません。



少ない時間でしっかり伝えるべきことを
伝えなければならない!って
気張ってみれば、
子供に苦言を呈してしまうことも。



良かれと思ってやっていることでも、
子供からしてみれば、
平日はあまり会うこともなく、
やっと顔を合わしたと思えば苦言を呈される。
これで好きになれという方が無理があるかもしれません

できるなら避けたい存在となってしまいます・・・



叱ったり、諭したりすることは
氷山では海面の上に出てる部分のようなもので、
それを支える海面下の氷がなければなりません。
氷山



海面下の大きな氷は
子育てで言うと何なのか。

それは、信頼関係です。

その信頼関係を築くためには、
肩の力の抜けたコミュニケーション
です。


肩に力の入らない世間話が親子の間にたくさんあり、
子供は物知りなお父さんと話すのが面白いと感じます。
いろいろな話を笑顔で聞いてくれるお父さんが
好きになります。



それによって確実な信頼関係ができているからこそ、
氷山の一角である指導ができる環境が整うのです。




また、小さい子をお持ちのお父さんは、
できる限り抱っこをしてあげてほしいと思います。
また添い寝でも良いので、
ぬくもりを与えてあげてください。



その記憶は子供が大きくなっても
消えることのない記憶となって残っていきます。



自分が年をとったとき、
自分の子供と良い関係を築けているかどうかで
自分の人生も子供の人生も大きく変わります。




ぜひ、お子様と話す時間を意識的にとってみてくださいね。



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆




子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ

代表 小川 一樹


関連記事
  1. 2014/03/30(日) 06:25:38|
  2. 父親
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怒鳴って物事を解決することを学ばせないために。 | ホーム | 子育ては泥臭く、便利とは反対に☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/115-74aea17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。