子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供が家庭から巣立つために大切なこと

家庭は子供の港


人生は航海に例えられることがありますよね。



小さい船なら港の近く。
大きい船なら遠くの海へ。


子供も成長して大きくなると
家から遠くの世界へと飛び出していき、
だんだん家庭から離れていきます。

バンコク学習塾TJ航海


遠くの海へ飛び出していくことは
親にとってはさびしいことですが、
それだけ成長したと考えればうれしいこと。
安心した航海ができるように応援したいですよね。


子供が安心した航海をするために大切なこと。


安心して航海できるためには、
戻る場所、
戻りたいと思える場所があることが大切です。


家庭が子供にとって戻りたいと思える場所であるためには
そこに自分の居場所があると感じることができる必要があります。



人はどういうときに自分の居場所があると感じるか。



それは自分に関心をもってくれている人がいると実感するときです。


関心をもっているということ



いろいろと忙しくなってくると
ついついやってしまうこと。


それは、子供の話を聞くときに視線を合わせていないということ。


何かしながら話を聞くということは些細なことですが、
子供の心の奥底には
親が自分に関心が無いというメッセージとして
たまっていきます。


無関心が一番居場所が無いと感じること。


家に帰ってきたとき、
「おかえりなさい」の一言が無いとき、
居場所の無さ、自分に対する無関心を感じます。


タイ学習塾TJ関心



これは子供だけではなく、
夫婦関係でもあると思います。


テレビで仲の悪い夫婦が出てきますが、
たいてい仕事から帰ってきた夫に
誰も挨拶しません。



家庭に居場所を感じなくなり、
外に居場所を求め始めるものです。


最後に


子供が安心して巣立つためには
家庭が子供の大切な港だと感じることが大切。


そのためには、家族の挨拶や視線。
そんな些細なことが
あなたに関心がありますよというメッセージになる。


この様な細かいことの日々の積み重ねが大切だということです。


最後にマザーテレサの言葉を紹介します。

バンコク学習塾TJマザーテレサ
マザー・テレサ 愛と祈りのことば (PHP文庫)


愛の反対は憎悪ではない。無関心無視だ。


お役に立ちましたら「いいね」や「シェア」をいただけると励みになります☆



子育てに悩みながらおやになる
バンコク 学習塾
TJ★ブリッジ


代表 小川 一樹

関連記事
  1. 2014/04/30(水) 11:19:52|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子どもがもつ心の壁をブレイクスルーするために大人は支え続ける | ホーム | TJ☆ブリッジが目指すところ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/127-2133200c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。