子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1番じゃなきゃダメですか?

バンコク学習塾TJブリッジ失敗


子供たちの中には、
失敗することを極度に恐れる子がいるものです。



PR




例えば、リレー選手の選考会で
負けることを嫌がり、
負けそうになるとスピードを緩める子。




百マス計算などで自分の自己ベストに挑んでいるとき、
1問ミスした途端にゆっくり計算し、
レースからおりる子。




失敗、負けを極度に嫌がることから生じて
何かをしないということを選択する子は多くいるものです。



なぜか?



目先の勝ちにこだわりすぎて、
もっと大きな視野で自分の成長をとらえることが
できていないからです。




ずっと毎回自己ベストでいられる人はいません。
勝負事であれば、必ず勝ち負けを経験します。



そうやって、
ベストだったりベストではなかったり、
勝ったり負けたりを繰り返しながら、
人は成長していくものなのです。





その事実から目をそむけ、
完璧でなければならないという
思い込みが強すぎると
結局マイナス面から目をそらしたり、
逃げたりすることになります



先ほどの選考会の例でいうなら、
今回の選考会には負けるかもしれません。
でも全力で挑んだという事実は残ります。



その事実は絶対に自分の力になります。
次のレースでの勝てる可能性は
わずかであっても高まっています。



もしあきらめスピードを緩めたら、
次回お全く同じレベルの自分で
レースにのぞむことになります。



どっちが成長という観点から見たらよいのか。



子供たちは全力でやることだと
わかっています。



大人が完璧を求めすぎると
子供は完璧でないと思い込み、
間違う自分、完璧ではない自分を隠す
傾向にあります。



人間は間違いから学ぶことが多いものです。



完璧でなくてもいい。
毎回100点でなくてもいい。
毎回1位でなくてもいい。


バンコク学習塾TJブリッジ開花



成長するために
その経験から何を得たのか?



だからこそ、間違いを認め、反省することを通して
確実な真の成長をしていってほしいと思います。





お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆



ブログ「子育てに悩みながら親になる」

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹


関連記事
  1. 2014/08/03(日) 12:37:59|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドアロック無効化・・・かなりやばいです。 | ホーム | コイン瞬間移動の種明かし【さすがセロ!】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/154-12ba174b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。