子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PCのパスワードのぐにゃ文字が教えてくれる人間とは何者か。

パスワードなど入力したときに
ぐにゃっと曲がった文字を入力するように
指示されたことがありますか?
バンコク学習塾TJブリッジ画像認証


これはコンピューターが
ぐにゃっと曲がった文字を識別できないところを利用し、
不正をガードするシステムだそうです!



文字の均質の規格外「ぐにゃ文字」を
PCは読み取れない。
とすると、この曖昧を読み取れるところに
人間らしさが表れていますよね。




他と違ってもOK。
個性的でもOK。
人間は受け入れる度量をもっています。



企業も個性的な商品、サービスを追求しています。



にも関わらず。。。



いまだに均質を最大限に追求する教育が残っていることは
本当に残念なことです。
均質で育ってきた人が教育するからなのかもしれません。




ぐにゃっとした「らしさ」
規格外として評価せず、
一定の基準に当てはまる子を「良し」とします。



受験をはじめ、
均質を追求しなければならないことも
影響しています。



受験社会は平等。
良く聞く言葉。
でも本当なんでしょうか?


もしかしたら、
自己の価値観が形成される大切な時期に
大切な時間を勉強という枠に強引にあてはめ、
その条件のもとで競争させられるのは
平等ではないのかもと考えることできませんか?



学校の勉強に向いていて、
さらに従順な子にとっては最高の条件です。


でも学校の勉強に向いていない子にとっては
とっても平等ではない競争なのかもしれません。



はじめての子育ては不安で
誰かに頼れず悩みがつきないもの。
だからこそ、世の中に一般的にある
基準が正解に見えてくるもの。
受験というものが最大の価値として
見えてくることもあります。



でも、自分の子供にとって、本当に大切なことは何か。


それは外に答えがあるわけではありませんし、
他人がやっていることでもありません。


我が子を真剣にまっすぐに色眼鏡なしで
見つめることに答えがありそうです。



その上での選択なら
どの道であれ、
きっとその子の個性を発揮できる良い選択です。


規格外の個性でもOK。
その規格外の根底を支える教育を
親として教師として
一緒に悩みながら追い求めていけたらうれしいです☆



子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川 一樹



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆


関連記事
  1. 2014/08/11(月) 21:15:48|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長期休暇・・・のんびり過ごしていいの? | ホーム | レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/157-b697bb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。