子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもの【めんどくさい】を直すヒント

「習っていないからできません。」



時々子供たちから聞こえる言葉。




漢字などの本当に習っていない問題を目にしての言葉ではありません。
算数での基礎的な問題を組み合わせた問題や、
国語の文章題で読めない漢字があっただけで
聞こえてくるのです。




深く考えようとする前にGIVEUPしている心が
言葉になって出てきているのです。





考えることに対する耐性がなくなっている。
粘り強さが弱くなっている。
これは年々教育界で言われていることですが、
大げさな話ではなく、私たちの身近な話です。




どうすれば耐性を強めることができるのか。



簡単に言えば、
子供たちのまわりに
粘り強くしなければならないことが
あればあるほど強まります。





しかし、世の中が便利になり、
粘り強くしなければならない状況が
子供たちのまわりから消えてしまっています。



そんな中でも私たちができることは
子供たちから【めんどくさい状況】を奪わないことです。



例えば、小さい子であれば靴ひもは自分で結ばせる。


バンコク学習塾TJブリッジ靴ひも



以前、コラムを書きましたが、(以前のコラム
急いでいるとき、
子供のほどけた靴ひもは大人が結んであげた方が
手っ取り早いもの。
すぐに結べますが
子供からめんどくさい状況を取り除いているのです。



片づけ。
親が片づけた方が早い。
余計に汚すかもしれません。



ねまきのボタン・・・


子供から【めんどくさい状況】を奪わないということは、
大人も【めんどくさい状況】を受け止める必要があります。





子供にやらせることは
大人からしてみたら【めんどくさい状況】であっても。。。




子供を教育しているようで、
実は大人も粘り強さを試されています。




未来は習っていないことばかり。
わからないものを粘り強く考える力。
すぐに人に頼らず、自分で考える。
これが生きる力。



この様なことを意識して子育てをすると
子供の生きる力が少しずつ高まっていきます。



少しでも子育ての参考になれば幸いです☆



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆




子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹
関連記事
  1. 2014/08/25(月) 19:59:51|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子育ては雑なくらいが丁度いい? | ホーム | 【2つの叱り方】どっちをしていますか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/162-f5d418c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。