子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男は黙って背中で語る・・・黙ってては伝わらないことも!

男は黙って背中で子供を育てる。
かっこいい言葉です。
まさに高倉健の世界観です。

バンコク学習塾TJブリッジ高倉健
             高倉健さん


一生懸命に働く姿を見せて
そこから学んでもらう。
渋いです。



しかし、「黙って」は
黙っていてもある程度
未来が約束されていた過去の話




しっかりコミュニケーションをとって
伝えてやらなければ伝わらないことがあるからです。




親父が伝えなければならないことの1つ。
それは人生についてです。



私たちが子供のころには
インターネットなど、ここまで発達していませんでした。



黒い画面に文字を打つ。
フロッピーディスク。
画像表示はカクカク。
ネットにつなぐにはジージーとダイヤル音。



それが今はスマホで外出中にあっさり。


昔は想像もしていません。
未来はもっともっと変わるでしょう。



時代の流れを見て、
将来はどうなるか。



自分がやっている仕事だけではなく
こういう仕事もあるぞと
さまざまな仕事を教えてあげ、
視野を広げてあげる。



一つの生き方モデルだけでなく
さまざまなモデルを示してあげることで
子供はたくさんの選択肢の中から
自分の進むべき道の手がかりを見つける
ことができます。



さまざまな可能性を伝えながら
子供がどんな道に進みたいのかを
一緒に考えてあげるのが男親の1つの
役目なのかなと感じています。




そんな話し合いをするためには
普段からのコミュニケーションが必要。
「黙って」では伝わらないこともあるのです。



仕事で疲れ切っていて会話もせず。
ほぼ他人状態になっているのに
時々話したと思えばお叱り話。



そんな薄い関係でアドバイスしても
高倉健どころか
「この人何言ってんの?」状態です(涙)



子供とのコミュニケーション不足は
「黙って背中で語る」なんてかっこいいものでは
ありません。



男親は子供と接する時間が少なくなるのは
仕方がない面もあります。



だからこそ、向き合う時は
野球中継を見ながらではなく、
しっかり正面から向き合うことが大切。



密度を濃くすることを意識して
積極的に子供にかかわっていきましょう!


お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆




子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹

関連記事
  1. 2014/08/31(日) 01:32:59|
  2. 父親
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<挨拶って何のため? | ホーム | 子育ては雑なくらいが丁度いい?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/164-1e5a1e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。