子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

褒めて育てる?叱って育てる?

褒めて育てるか、叱って育てるかという
右左に偏った話題を耳にしたことが
ありませんか?



まず当たり前なことを言うなら
どっちも大切だということです。
これでは無意味なコラムになるんで、
どっちが大切かとズバリ言います。



褒めて育てることです。



褒めて育てた方が子供たちは
より伸びます。
教員生活の実体験です。



子供は【ノってくる】傾向が強い。



次もその期待を裏切りたくない。
次もそのような自己イメージを壊したくない。
という大人の思いにノってくる
(乗ってくる)ものです。



今までの積み重ねで自己を否定する思いが強いと、
褒められたときに憎まれ口で応対してきます。
それでも心の奥底には
褒めた言葉は届いています。




子供たちは褒めてくれる
自分の存在を認めてくれる存在が好きなものです。



大人の社会でも自分を否定してくれる人の存在の
大事さは別としても
褒めてくれる人を好む傾向がありますよね?
それと同じです。



まずは指導する人のことを好きになってもらう。
その前提条件が崩れてしまうと
指導しづらくなるもの。



親子の関係でも同じ。




本当に大切なことを伝えたいときに
前提条件である
「好きでいてくれる」がぐらつくと
伝えたいことが伝わりません。



褒めると叱るはどっちが大切か。
このコラムではあえて、
褒めるが大事である理由をお伝えました。




くれぐれも叱ることが大事ではないと
言いたいわけではないのですよ。



ではでは。



子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆




関連記事
  1. 2014/10/19(日) 12:48:34|
  2. 子育て
  3. | コメント:0
<<嘘をつく子供に伝える話【嘘をつき続けると悪人顔に?!】 | ホーム | 超能力者の作り方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。