子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育ては【臭いものにはフタをしない!】

臭いものにはふたをしろって言葉ありますよね。


臭いものにはふたをしろ

フタをしました。
で、フタを開けたら臭いはなくなった!
なんてことは実際はありませんよねw


やっぱフタを開けたら臭いものは臭い



じゃあ、子育てで置き換えます。



子供が悪いことをした。
怒鳴りまくる。



子供は怒鳴る人が怖い。
怖いから悪さをしなくなる。


怖い人がいなくなれば
また悪さをする。



これって臭いものにフタをする原理と似ていますよね。


自分たちが子供のときもいましたよね。
めっちゃくちゃ怒鳴る嫌われている先生。
その人の前じゃ仕方なくおとなしくしていたけど、
いないところでは悪さしていた記憶ありませんか?


子供って怖いからやらないだけで
本質は全く変わっていない
ことって多いんですよね。



教育する立場の人は
自分は不器用ですから・・・
言葉で言っても聞かないんで
なめられちゃいけないから
ビシバシっと!


それじゃ伝わらないし、
従順になったように見えるけど
本質は微動だにしてないんです!!w(゚o゚*)w


臭いものにフタをしても中身は臭いまま。


この本質に気づかないで
怒鳴り散らした後に
自分のパワーにほれぼれしても意味ないですよね。


学校でも同じ。
怒鳴って怒鳴って
荒れてた学級を静かに制する。
そして次の学年に送り出して満足。


次の学年で荒れたら意味ないです。


本質は変わっていなかったってことで
結局、1年間成長を先送りしただけです。


子育てでいろいろと辛い状況に苦しんでいる
親御さんや教師の方がいるかと思います。
でも、子供の本質を真剣に変えたいのなら
フタは開けっ放しで向き合うしかないんですよね。




ぐっとこらえて、
子供と向き合い、共に乗り越えた後に
子供の本当の成長が待っているもの。



先送りをやめて向き合う。
このブログで本質を伝えようとしている
大人にエールを送ります!


共に頑張っていきましょう!



お役に立ちましたら「いいね」や「シェア」をいただけると励みになります☆





子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川 一樹

関連記事
  1. 2014/12/25(木) 23:27:54|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。