子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仲が悪い夫婦とは?

テレビで仲の悪い夫婦の代表と言えば
川崎麻世さんとカイヤさんの夫婦でしょうか。


夫婦が仲悪くなる典型的な事例として話しますね。



ここからわかることって
妻が強ければ強いほど夫婦関係が冷める
かもしれない
ってことです。



男性って潜在的に母性を求め、甘えたいところはあるけども
それと同時に強く家族を守りたいと思う気持ちもあります。
私じゃなくて一般的にですよw


甘えたいし、守りたいんです。




子供が生まれると女性は強くなり、
精神的にたくましくなるって言われています。


そりゃ強くなければやっていけないですよね。
身近でみていればわかります。
子育て、家事って大変ですよね。


そんな時、
女性が母性に目覚めて我が子ばかりとなると
夫は理性ではわかっていても
甘えることができずに「愛」のテンション
ちょっと下がる。



それに加え、女性が母として強くなり
守らなくても大丈夫そうな様に見えてくる。


自分の妻は守る必要も無いし、甘えることもできない。


すると、次第に妻を女性としてみることができない
なんてことにもなりかねませんよね。



私がしっかりしないと!
なんて肩に力が入れば入るほど
男性からは強い女性、
支える必要の無い女性に見えてくるものです。



女性は妻として母としていろいろと大変でしょう。
そんな時、思いっきり弱さを旦那さんに見せて良いんだと思います。

family
by:Kamil Porembiński


「強くしなきゃ、しっかりしなきゃ!」
とすればするほど、
自分が旦那さんから守られる必要が無い存在となって、
構ってくれない旦那さんにイライラしてしまう。


逆に弱さを隠さずに出していけば
旦那さんの女性を守りたいという気持ちから
構ってくれ、夫婦関係がうまくいく。



男尊女卑的な思想をもっているわけじゃありませんよ!
あくまで、本来我慢して隠している弱い部分をもっと見せた方が
うまくいくかもってことを言っているんです。


そんなことを川崎麻世夫妻。
さらに身近にいる仲良し夫婦を見ながら
考えました。



全ての夫婦を対象にしたわけではなく
ごく一部の方に参考になればいいな
と思って書いている内容なので
軽く読み流してくださいね!



-----------------------------------------------
たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆


-----------------------------------------------



子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川 一樹




<関連するおすすめ本>
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール
男は火星から、女は金星からやってきた


関連記事
  1. 2015/02/26(木) 17:07:00|
  2. 夫婦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。