子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何のために勉強をしているの?

御飯を食べる。
なんで?


そんなこといちいち考える人はいませんよね?


手を洗う。
何で?


聞かれたら答えられることだけど
日頃は意識をしていないものってたくさんあります。



大人ですら無意識に行動していることが
たくさんあるんで、子どもだったら
もっともっと無意識に行動していることって
ありそうですよね。


でも、無意識を意識化するというところに
成長の分かれ目があるんです。



だからこそ、子供たちに伝えたいことがあります。



それは、勉強では常に目的意識をもって
行動するということです。

勉強


私はTJブリッジという塾を経営しています。
そこでは50マス計算というものをやらせています。



単純な作業ですが、
何のためにやっているのかということを
深く考えてもらうようにしています。



何も意識しないで
やらされているからやっている段階では
手を抜く可能性は大いにありますよね。



では、友達に勝ちたいという目的だと
ちょっとミスしただけで
諦める姿が見えてきます。


人それぞれ目的は違っていいんですが
より突っ込んであげるのが大人の役目です。


本当に人に勝つためだけにやっているのか?
それだけの目的でいいのか?ということです。



50マスの目的は計算のタイムを縮めることで
計算が得意になるという目的があります。


それだけでは弱いです。


さらに突っ込むと
自分の限界に挑戦する力を高めるためという目的が
出てくることがあります。


そうすれば、自分の限界を高めるためであれば
友達にタイムで負けても諦めるという行動にはなりません。


自分の限界に挑戦する力を高めるためであれば
手を抜くということも目的から外れています。



人によってはミスをしてしまう自分の
注意力を高めたいというところに目的をもつこともできます。


そうすれば、タイムを目指しながら
どれだけミスを少なくするのかというところを
追求して意識的に高めることができます。


たかが50マス計算でも
目的意識をもっていれば
より次元の高い勉強になる
んです。


そんなことも考えずにやっていれば
ただの人間電卓状態です。


教える側が何も考えていなければ
もう子供たちの自主的な成長に任されています。
そこで成長する子はどこの塾に行っても
成長したであろう子なんです。



これは塾に通うことなくても
親が子供に伝えてあげられることです。


学校の漢字ドリルの宿題。
これに目的意識をしっかりもっているのか?


何も考えないで
ただ先生から言われているからやっている
なんて子も多いのではないでしょうか?


先生ですら何のためということを
教えていないなんてこともあるくらいです。


そうであれば子供は
まだまだ伸びしろがあるということです。



ぜひご家庭でお子様の勉強を見て、
目的意識を高めてあげてください。


「何のためにやっているの?」


です。



子育ての参考になればうれしいです!


-----------------------------------------------
たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆


-----------------------------------------------


子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

関連記事
  1. 2015/03/03(火) 20:17:59|
  2. 子供に伝えたいこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。