子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育てに熱心であればあるほど子どもが見えなくなる?

子育てに熱心であればあるほど
子育てがうまくいかないということがあるもんです。



熱心であるということが
子育ての視野を狭くすることがあり得るからです。


昔、ビックリマンチョコというシールが入ったお菓子があったんですが、
レアなシールがほしいほしいと思っている子ほど当たらず、
なんとなくお菓子が食べたいレベルの子が当たるなんてことが
よくあったのを思い出しますw


物事にこだわらない人の方が
うまくいく
ことってよくあるんですよね。



例えば【褒めて育てろ】的な本を読んでしまうと
褒めなきゃ褒めなきゃという視点をもって
子どもを見ることになります。

褒める


すると褒めるべきところは見つけることが
できるかもしれませんが、
子どもの全体を見ることができなくなる危険性ってありますよね。


みのもんたさんのお昼の情報番組「おいっきりテレビ」で
きな粉が身体によいと放送されると
他にも大切な食べ物なんて山ほどあるのに
きな粉づくしの1週間になるようなものですw



何事も1つのことにこだわると
他のことが見えにくくなる
ってことを
知っておく必要があります。


忘れ物が多い子がいたとします。


「忘れ物をゼロにする!」と意気込んで
そのことに集中すればするほど
叱る回数も増えます。



叱っても叱っても直らなくてイライラすることがあります。
諦める人もいるくらいです。
叱っているときは直っても
直ったと思って声をかけないでいると
また忘れるなんてことも・・・。



最終手段として親が連絡帳チェックを毎回する
と気合をいれます。
では、連絡帳チェックをしてあげて
声をかけているのは誰か?
本人ではなく親です。


確かに忘れ物はゼロになるかもしれませんが、
実力が高まったのか?と言われたら
子ども自身の能力は全く変わっていないなんて
笑い話になりませんよね。


いやいや、連絡帳チェックをするようになったんですと
言っていても親に怒られるから連絡帳チェックしようレベルで
成長が止まっているなんてこともありえます。


忘れ物は無くなっても
次は学校のテストでうっかりミスが異様に多いという
ことが目立ってくるなんてことも・・・。


うっかりミスは始めからあったんですが、
視点が忘れ物に集中していたために
そこだけしか見えていなかったということもあるんです。


全体はつながっていて、
忘れ物が多い子は
忘れ物という現象にとらわれるのではなく
本人の課題に目を向けない限り、モグラたたき状態です。


1体のモグラをたたいても
次のモグラとして出てくるだけ。
舞台下にあるモグラを押し上げる機械に
働きかけない限り何も解決しません。



木を見て森を見ず。
森


子育ても1つのこだわりをできるだけ減らして
肩の力を抜いて子ども全体を見るようにした方が
うまくいくことがある
ってことも知っておいてもらえたら
と思います。



子育ての参考になれば幸いです♪



たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆





子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

関連記事
  1. 2015/03/08(日) 13:29:46|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。