子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育てのイライラを減らす1つの考え方


子育てをしているとイライラすることって
ありますよね?


イライラ

今回はこの子育てのイライラを減らす1つの考え方について書きますね。



私は日々子供たちと接することが生業なのですが
様々な課題を抱えた子に接する機会は
みなさんより多いんじゃないかなって思っています。



すると昔はよく様々な課題を目の前に
イライラすることがあったものです。
今はないのか?
いや、まだまだイライラっとした気持ちが出てくることもあるんですが
昔と比べたらかなり減りました。



自然となくなったのではなく
意識的にイライラを減らすことができました。




イライラするときの自分を分析すると
この様な思いが多くありました。



あれだけ言ったのに何でわかってくれないのか?
何々してあげたのになぜ?




心のどこかで子どもに見返りを求めていることが
原因であることが多かったんです。



みなさんも子育てでありませんか?


おもちゃ買ってあげたんだから。
せっかく○○してあげたんだから。


といった感じです。



でも、よぉーく心の中を見てみると
見返りを求めて何かしたわけではなかったはずです。


交換条件の交渉事のようにしてあげたんじゃなくて
子どもを愛しているからこその純粋な行動だったはずです。
私なら児童の未来をよりよいものにしたい
というただそれだけの思いが行動の出発点だったのです。



根本は自分がしたかったからしたんだ。
見返りがほしくてしたわけではないんだ。


そう考えると期待をかけて
子どもが期待にそぐわないからと
イライラする気持ちは減ってきます。




子育ては期待をかけてもいいのですが
期待をかけるのはこっちの勝手な行動。
その期待に子供が応えなくてもイライラせず
どうしたら期待に応えてもらえるのかという
具体的な手段などを考えた方が健康的にも良いと思います。




今子供にしている自分の行動は
【してあげている】のではなく
自分が【したい】からやっているということ

子育ての視点の1つにもっていると
イライラが減るということで今回の記事を終わりにしたいと思います。



子育てに悩みながら親になる


バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川 一樹



-----------------------------------------------
たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆


-----------------------------------------------

関連記事
  1. 2015/03/24(火) 18:43:52|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。