子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己紹介って何のためにやるの?


自己紹介は何のためにやるのか?


子供たちに何気なく聞いてみると
わからない子が多くいました。
今まで聞いたことがなかったとのこと。


良い機会なので私が考える
自己紹介とは何か?を書きますので
ぜひお子さまに話してあげてください。

鍵

自己紹介は仲間を増やすためにするんです。


ある集団に飛び込んだとき
その集団は個人の集まりでバラバラです。
敵か味方かもわからない。


このバラバラな個人がどうしたら
仲間になれるのか。


それはお互いをよく知り、
お互いが何者であるかをわかったとき。
つまり自分の敵ではなさそうだとわかったときです。


そしてお互いに【共通点】を見つけたとき
さらにぐいっと好感度がUPしたりします。


自己紹介は仲間をつくるために
【共通点】を見つける手がかりになる
大切なことなんです。


自分は敵ではないとわかってもらう
大切なことなんです。



さらに仲間に好かれるためには
どうしたらよいのか?


それは嫌われても構わないと開き直ることです。


自己紹介をやるときに
嫌われたくない。恥ずかしい思いをしたくない。
という思いが強すぎると、
ついついモジモジした発表になるものです。


怖さから危なげない特徴のない自己紹介をします。
その言葉から共通点を見つけることは難しく、
さらに何者かが見えてこないので
敵か味方がわかりにくい。


結果として好かれない。


自分を出した結果として嫌われても構わない
と開き直れる人は強いです。


自分を思いっきり表現してくれるので、
共通点を見つけやすく、
さらに何者かが伝わりやすい。
結果として好かれる可能性も高くなるものです。


もちろん、嫌われる可能性もあります。
ただ、自己紹介だけで嫌いになるような心の狭い人とは
そもそも仲間になる必要がありますか?
別に嫌われても構いませんよね。


このように好かれたいと思うと好かれない。
嫌われても構わないと思うとすると好かれる。
逆の結果をうみやすいところに
自己紹介の難しいさがあります。


自己紹介は嫌われても構わないと
開き直ってやる方がうまくいく。



何のために自己紹介はあるのか?
そんなことをご家庭でも伝えてみてくださいね。


子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川 一樹



-----------------------------------------------
たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆


-----------------------------------------------


関連記事
  1. 2015/04/22(水) 13:14:05|
  2. 子供に伝えたいこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。