子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ついつい我が子を強い口調で叱ってしまったあとに大切なケア

息子が宿題をやっていて、
アドバイスするつもりが
ついつい口調が強くなってしまいました。
 
 イライラ

親子となると
教師と生徒という関係は難しいものです・・・。
 
 
ちょくちょく反省しているんで
次のことを気を付けるようにしています。
 
 
強い口調で指導したあとのケア。
 
 
まずは強い口調になってしまった理由を
しっかりと伝えてあげる必要があります。

何のために話をしたのかを
噛み砕いて伝えないと
ただ怒られたということだけが印象に残り、
お互いにとって無意味な時間になってしまいます。
 
 
子どもは親の態度を単純に
「僕は悪い」「親は僕を嫌いだ」
なんて受け取る可能性もあります。
 
 
だからこそ、
何のために話をしたのかという
理由をしっかり伝えてあげないと
子どもは嫌われたくないという理由から
間違った素直さを出すものです。
 
 
一見、真面目に素直にしたがっているようで
従う理由が「嫌われたくないから」では
何も大切なことが伝わりません。
 
 
 
「親は絶対に子供のことを嫌いにならない」
「嫌いだから強い口調で伝えているのではない」
強い口調で伝えてしまったときはとくに意識をして、
頭を撫でてあげたり、
抱きしめてあげたり、
一緒に寝てあげたりして、
肌で愛情を感じられるようにしています。
 
 
 
我が子に期待をかけながらも
「元気に笑顔でいてくれたらいい」という
最低限の場所を意識していれば
そこまでシリアスに叱る必要があるかと
冷静に考える時間ができるものです。
 
 
 
子育ては悩みますね。
悩むからこそ成長するんでしょう。
これからも悩みながら親になっていきます!


バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹








関連記事
  1. 2015/05/18(月) 12:06:02|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。