子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今の時代だからこそ子どもに伝えていきたい【もったいない】という精神

我が子に時々注意することがあります。
それはジュースの飲み方やお菓子の食べ方。
  
 飽食

ミニペットボトルで買ったジュースを
半分くらい飲んで机に置きっぱなし。
次の日にまた新しいミニペットボトルを
買って、古いものを捨てている。。。
 
 
お菓子を残したまま
食べられなくなって捨てる。。。
 
 
気軽に飲み物、食べ物が手に入るからこそ
喉やお腹が満たされたら
すぐに興味を失ってそのまま。
 
 
もし、お菓子やジュースをめったに
買ってもらえていないのであれば
大切に大切にわけて食べたり
飲んだりしたことでしょう。
 
 
おもちゃも同じような気がします。
 
 
私が子どもの頃に比べたら
確かにおもちゃを買い与え過ぎている気がします。
反省です。。。
 
 
おもちゃ箱の中には
使わないおもちゃがけっこうあるものです。
ぬか漬けのように奥にあるおもちゃが
何かがわからないなんてことも^^;
 
 
 
私が子どもの頃も
物はあふれていた気がします。
でも、印象に残っているのがゲームソフトです。
 
 
お正月や誕生日でないと買えない超貴重品。
もちろんゲーム機器も1つしかないので
買ってもらったら
説明書を何度も読んで
じっくりじっくりやっていました。
 
 
今は、複数のゲーム機器をもっている子の方が
多いんじゃないでしょうか。
ソフトもかなりの数をもっている子が多いようです。
 
 
本当に【もったいない】ということを
身近で感じにくい世代なのかもしれません。

 
 
日本がまだ経済的に豊かでないころに
生活していた人たちであれば
日常生活の中で自然と【もったいない】の
精神を学んでいけました。

先日もNHKの花と燃ゆという大河ドラマを見ていたら
売れ残った魚をかまぼこにして売るという
ことを家族みんなでやっていました。
貧しさから【もったいない】を感じていました。
 
 
今は日常生活で【もったいない】
を感じることが難しくなっています。
 
 
だからこそ、
昔の日本人が大切にしてきた
【もったいない】の文化を
私たちの世代が意識的に次の世代に
伝え続けていく
必要があります。

 
 
 
別にケチだケチじゃないの問題ではありません。
【もったいない】というものを大切にする
感性そのものが素敵だからです。
  
教育学の古典「エミール」より

「子供を不幸にする一番確実な方法は何か?
それはいつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ。」

 
これからも
子供たちへ【もったいない】を
一緒に伝え続けていけたらうれしいです!
【もったいない】を絶やすことなく
伝承していきましょう!
 

PS:私たちが子どものころはこんなCMがテレビであったんですよ☆
  

こうやってお話を通して小さい子に自然と
もったいないことはやめようという意識を
植え付けることは大切ですね。


子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ



代表 小川一樹








関連記事
  1. 2015/05/28(木) 12:43:53|
  2. 子供に伝えたいこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。