子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもが負の自己イメージをつくらないために親が心がける大切なこと


うちの子は消極的なんです。
うちの子は勉強が嫌いなんです。


うちの子は○○ということは
先生に相談するときには
1つの判断材料になるので効果的です。


が、ここで気を付けなければならないことがあります。

疲れる子

この言葉を使いすぎていると
気が付かないうちに
我が子の前で使っていることがあるんです。



「○○さんのお子さんは良く挨拶できますね。」
と知り合いから褒められても
「いや、でも、忘れものが多い子で困っているんです。」
と子供がいるところでも
普通に言ってしまうことがあるのです。


それを身近で聞いている子は
「自分は忘れ物が多い子でお母さんを困らせている子なんだ。」
と一番愛する人からの評価を
受け入れるしかないのです。


この様なやり取りを幼少期からコツコツと繰り返しながら
子どもはとても強い負の自己イメージを作り出していきます。


私も
「私の子は○○なんです。」
という言葉を我が子の前で使っていないか
褒められたときは特に気を付けるようにしています。
みなさんもぜひ参考にしてみてください☆



子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川一樹


-----------------------------------------------
たくさんの方に読んでいただきたいので
「いいね」や「シェア」をいただけるとうれしいです☆


-----------------------------------------------






関連記事
  1. 2015/06/04(木) 14:23:18|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。