子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苦手というには資格がいる。


子どもが良く口にする言葉に
「○○が苦手」というものがあります。

苦手


そんな時、私が子供たちに伝えていることは
【苦手というには資格がいる】
ということです。



子供たちがよく苦手という漢字を例にすると、
漢字が苦手という子に限って
勉強をしていないことが多いんです。


苦手とは、やってもやってもうまくいかないこと
だと私は考えています。


もともと努力もせずにできないことは
苦手なのではなく、できなくて当然なんです。


ついつい苦手という言葉を簡単に使ってしまいがちですが
この言葉のお陰で【努力していない自分】を
見つめなくて済むので、成長の邪魔になる言葉
です。


もし、1時間漢字テストの勉強をやって、
それでも半分以下の点数であれば
苦手と言う権利をもらえます。



宿題の漢字ドリルをノートに1回書いて、
(複数回書いていても写経のように無心)
自分で覚えているかテストもしないで
テストを受けて、思うように点数がとれない。


そこで出る一言が
「漢字苦手なんだよな・・・」


苦手じゃなくて
努力をしていないだけということです。



子どもたちには
【苦手というには資格がいる】
【努力を十分にしたという資格がいる】


ということをこれからも伝えていきたい
と考えています。



子育てに悩みながら親になる

バンコク学習塾
TJブリッジ


代表 小川 一樹







関連記事
  1. 2015/06/09(火) 10:46:00|
  2. 子供に伝えたいこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。