子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お子様は質より量の勉強になっていませんか?

土曜の午後3時から午後7時まで
中学生の定期テスト対策をしました。


10分休憩を2回とっただけで
子どもたちは本当に真剣に勉強しました。

勉強

私が復習のプリントを用意しましたが
それをほとんど仕上げる子もいました。


ただ、苦しんでいる子もいました。


他塾にも通う子だったのですが
そこから出された課題が大量で
押しつぶされそうになっていました。
  
 
見てみるとどこかで見たことがある
塾用教材の
試験範囲の全コピー冊子でした。
 
 
私もそれはさすがに残りの日数から逆算しても
キツイ量だと感じました。
できなくはないですが、
終わらせるためには
ほぼ勉強漬けになるでしょう。 
 
  
私が大切にしていることがあります。
子どもたちに【続けることができる力】を
身に付けさせるということ
です。
 
 
量が質をカバーすることはあるけど
やはり質を求めていかないと
続けることができません。
 
 
勉強は一生続くもので、
定期テストの時だけやるものではありません。
 
 
大量の課題に押しつぶされそうな子は
正直、焦っていました。
課題を終わらせないと・・・と。
焦っているからこそ、
簡単な問題でも
すぐに私に助けを求めてきていました。
  
 
しかし、それをやっていたら
できる問題はできる。
できない問題は飛ばす。
 
 
やっと課題が終わった途端に
定期テストを迎えます。
 
 
テスト勉強で大切なことは何か。
わからないことを
わかるようにし、さらにいつでも
アウトプットできる状態にすることです。

 

わからない問題こそ宝物にも関わらず
量をこなすためにそれを飛ばすようにしていたら
せっかくのわからない問題から
学ぶチャンスを捨ててしまうことになります。
 
  
どこの塾に通うにせよ、
子どもたちに与えられている課題の量が
あまりにも膨大ではないかを
チェックしてあげ、
質より量という単純作業にならないよう
声をかけてあげることが必要です。



大切なのは量より質



バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

関連記事
  1. 2015/06/21(日) 13:37:15|
  2. 勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。