子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育てを楽しむための3段階


先日テレビを見ていると
プロダンサーが出演していました。


見ていて感じたのは
子育てとダンスは似ているということです。

ダンス


ダンスとは音を感じて体を動かして表現します。




何も習っていない状態でも
音を聞けば体を動かすことができますし、
自分の感性に素直に表現することができます。

しかし、その動きは不格好であり
決して洗練されたダンスではありません。


次の段階が基礎を習う段階です。


ダンスの基礎レッスン通りに動くことで
洗練したダンスを身に付けることができるようになります。
上達する喜びを感じることができますが、
自分がやりたいようにはできないため
音に対して自然と表現するのは
素人のころより難しくなるでしょう。



最期の段階が
全ての基礎基本が体に染み込んだ状態です。


この状態だと無意識にでも洗練した動きができるので
音を聞いて自然と体を動かしていても
素人とはくらべものにならない洗練した
ダンスをすることができます。

自然に動くことができるので
ダンスの楽しさを十分に感じることができるはずです。



子育ても似ていて
ダンスと同じように3段階あります。



はじめは子どもの行動に即座に反応しながら
子育てを楽しむことができる段階です。


しかし、親としてはまだまだ新米で
その行動が正しいか正しくないかも
わからない自分が昔親からされた微かな記憶を
頼りに行動している不安定な状態です。



そして、次の段階が
ママともやネット、本などから情報を
たくさん仕入れ、
その情報をもとにして子育てをしている状態です。


すると成功例が豊富にあるので
その成功例に沿って子育てをすることで
より正しいと言われる子育てに近づいていきます。


ただ、今度はその情報にとらわれ過ぎてしまうことで
他人の子と我が子を比較したり、
情報で得た子育て知識の通りにいかないことで
子育ての辛さが目立つようになってきます。


最期の段階が、親として自由に振る舞いながらも
正しい子育てができる段階です。
この段階は今まで情報から得た知識と
経験から得た知識が融合し合い、
自分の子育て観が確立されている状態です。


その状態では、子どもの行動に自由に反応していても
決して子育ての統計的に正しいとされている理論から
逸脱することは少なくなります。


それでいて自分の子の特性にあっていれば
理論から外れた行動であっても
自信をもって行えるようになります。


子どもの反応に即座に反応しながら
行動できるので子育てを楽しむことができる状態です。



あくまでテレビを観ていて考えた
1つの例ですが
みなさんはこの3段階ではどの段階に
入っていますか?
子育ての参考になれば幸いです。



関連
「子どもといること」がもっと楽しくなる 怒らない子育て

子ども自身が真の力を獲得するために、発想を変えて楽しむ子育て



バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹
関連記事
  1. 2015/07/15(水) 12:04:03|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。