子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもを管理するのは手っ取り早いけど、遠回りの子育てもいいものです。

子育てがうまくいかないときは
子どもを管理するのが手っ取り早いもの。


いろいろと口出しをして
事前にやるべきことを徹底して教えることで
子どもの成長はぐんと加速されるものです。


ただし、ここにはマイナスになることも
隠れているというのが今回のテーマです。


teaching.jpg


子どもたちは大人には従順です。
自分の命を握っている存在だから
たいていのことはしっかり聞いてくれるものです。


そのため、いろいろと命令すれば
しっかりと行動をしてくれて
決められたレールの上をしっかりと歩んでくれるものです。


少し未来に目を向けてみると
子どもたちが大人になった姿が見えます。


大人になるとさまざまな問題が
発生し、しかも前例がなかったり、
1人で乗り越えなければならないことも
山ほどあるものです。


そんなとき、今までずっと指示をしてもらって
すくすく成長してきた子の中に
すぐに心がぽきっと折れてしまう子が多くでてきます。


人に何とかしてもらおうと頼ってみても
思うように助けてもらえない。
ネットで検索してみても
ありきたりの答えしかない。


だからといって自分で何とかしようとする
気持ちが湧き起らないで心が折れてしまうのです。


心が折れやすい子は
学歴など関係なく、
かなりの確率で子どもの頃に
大人に手取り足取りと指導してもらい続けて
緩く生活をしていたはず
です。




では、話を一番最初に戻します。
子育てで子どもを管理しようと思う前に
目の前の子どもに課題があることに気づいていたはずです。


その課題を解決するために
大人がすぐに解決方法を考えて子どもを管理するのではなく、
子どもと共に考えるという遠回りな方法
1つの有効な子育てだという視点を
もつことも大切だと思います。



宿題を忘れやすい子がいる。
毎回注意して声をかけるのではなく、
忘れるのはどうしてなのかという根本を
子どもと一緒に考えて見つめること。


その根本には、もしかすると
単純なチェックミスがあるということに
気が付くかもしれません。


どうしたらチェックミスを防ぐことができるのか。
夜の時間割をしているときに、
一つずつ連絡帳の項目にチェックの印をつける
という方法を考えるかもしれません。


お母さんに最後に確認してほしいと
頼んでくるかもしれません。


もしくは忘れ物をしたことで先生に指導されて
強く決意をするかもしれません。


入れたつもりになることを防ぐために
一度全部カバンから出すという方法。
教科書などが閉まってある棚が整理されていない。
教科書などを置く位置が家の中で決まっていない。


などなどといろいろと原因や改善方法があるでしょう。
とっても時間はかかりますが、
この様に問題があった際に、原因を考え
さらに解決方法を自分で仮説を立て
それを実行に移すという作業は
大人になっても一生の宝となる力になるものです。


パッと燃えて消える炎ではなく
じっくり芯まで燃えている炭火のような指導が
遠回りの指導なんです。


子育てにイライラしたときは、
あえて遠回りをするという方法も1つの選択肢に
入れてみてくださいね。


【関連書籍】
1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ




バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹
関連記事
  1. 2015/07/29(水) 15:39:04|
  2. 子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。