子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の持ち物を活かしきれずに人生を終えないために大切な心構え


小学校の頃に父から将棋を教えてもらい
それからは永遠の素人として
試合を楽しむ程度には続けてきました。


将棋


その将棋で一番後悔するのが
持ち駒をたくさん持っているにも関わらず、
使いきることなく詰まされる
ときです。


手元に良い駒があって負ける悔しさ。
使い切っていたらもっと良い試合になった
という不完全燃焼さ。



ふと自分の日常生活を見まわして見ると、
この【持ち駒を活かしきれていない状況が
あるのではないか?】
と感じました。


クローゼットの中の洋服を見ると
着ることがほとんどない服があります。


本棚を見てみると
まだ読んでいない本があります。


子どもの持ち物となると
使っていないおもちゃは多々あります。



将棋と日常生活は違いますが
結構似ているものだなと感じます。



一昔前に近藤真理恵さんの
心がときめく片づけの魔法
という本が流行りました。


人生がときめく片づけの魔法




今はアメリカでベストセラーになっているそうです。
ここに「ときめき」で物を選んで処分していく
という方法があげられています。


私も読んで感銘を受けましたが、
確かに身の回りを見渡してみると
心がときめかない物が結構あるものです。


すると、本来ときめくものですら
ときめかない物の陰に隠れてしまい
持ち主の心を十分にときめかせることなく
一生涯を終えてしまうということすらありそうです。


これは将棋で持ち駒を活かしきれずに
試合を終えることと
少し似ているなと感じました。



使い切れない物は始めから持たないように心がける。

使い切れない物がすでにあるなら処分する。

ときめかない物の影に隠れたときめく物の声に敏感になる。



そんなことが今の自分の生活には
大切なことだなと感じました。
みなさんの生活はどうですか?


【関連書籍】
人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法2




バンコク学習塾
TJブリッジ

代表 小川一樹

     ツイッター
関連記事
  1. 2015/08/02(日) 12:55:00|
  2. 生き方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。