子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

父親として生きる覚悟

テレビである芸能人の父が
白血病でなくなったという話。
 
 
彼の父親の生きざまに心打たれました。
 
 
白血病は骨髄移植で助かる可能性あります。
娘以外の家族全員調べてみても父親と
一致する骨髄が見つかりませんでした。
 
 
最期に娘を検査しようかという家族の意思の中、
白血病だった父親の判断は違いました。
 
 
【娘の小さい体に傷をつけたくない。
 自分の延命の可能性を調べるために
 小さい体に負担をかけたくない。】

 
父と子

 
父親は娘の骨髄検査を自ら断り、
残りの短い命を全うしました。
 
 
私も父親としては同じ立場です。
自分の命がかかっているとき、
どのような判断をするのだろうか。
 
 
骨髄検査は我が子の体に傷をつけることになる。
でも、それで自分が助かるなら
幼いわが子をまだ育てることができる。
 
 
我が子を傷つけずに私が死ぬ。
そのとき、残された我が子のことを考えると
死にきれない気がします。
 
 
死に直面しないと
自分がどのような決断をするかはわかりません。
 
 
でも、どちらの判断が正しいかではなく、
父親としての生きざま、覚悟、決意のようなものを
再確認できたことが自分にとって大切でした。
 
 
【自分の命を度外視しても我が子を愛すること】
テレビの中の父親のこの姿勢に心を打たれて
自分を省みたのは事実。
 
 
これからも父親として
覚悟をもって我が子を育てていきたい
と再確認させてくれた
テレビに番組との出会いに感謝です。
 
 
テレビは悪という単純なことではなく
テレビも見かたによって
大きな糧になると思いました。


【関連】
子どもを伸ばす父親、ダメにする父親


関連記事
  1. 2015/08/30(日) 13:14:38|
  2. 父親
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。