子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本当!?強く叱るしか方法はなかった?

猛烈に反省しております・・・



息子がエレベーターに1人で乗れないと怖がり、
一緒に乗ってあげ、
徐々に1人で乗れるようになりました。
息子、妻と一緒に喜んだ。
そんな微笑ましい記憶があります。




停電でエレベーターが止まるという
アクシデントに遭遇して再び怖がるようになってしまった時も
私も一緒に乗ってあげ、
エレベーターは安全な乗り物だと話し合い、
また乗れるようになりました。
その時も大いに褒めて喜びあったものです。




しかし、何のきっかけかわかりませんが、
また恐がり始めたのです。



自我が出てきて、親に意見を言うようになってきて、
時々強がってぶつかるようになってきた5歳の息子。




私は空手をやっていて、
子供には精神的に強い男になってほしい
という願いをもっています。



強くなってほしいという思いが先に出過ぎました。


出来ていたことを再び怖がる息子の姿から弱さを感じました。


いろいろな感情が入り交じり、
怖がる5歳の息子を強く叱るという判断をしていました。



息子は「怒られた・・・」とすごく悲しそうな顔をしていました。

泣く子


その瞬間、はっとショックを受けました。



怖がる息子を強く叱ることで
乗れるようになるかもしれない。



しかし、それしか方法はなかったのだろうか?



恐怖感を克服させるために、また一緒に乗って、
出来る経験をさせ、徐々に恐怖感を減らしてあげることで
叱らなくても良くなる。
そんなことはわかっていたはず。
それが・・・



振り返ると、自分のことに忙しく、
目線をしっかり息子に向けてあげていなかったことで、
叱るという一番簡単な方法を選んでしまっていました。




確かに忙しかった。
でも、そこまで忙しかったか?



反省しました。



子供は叱られる回数が多くなればなるほど、
自尊感情が喪失していきます。




「自分はダメだ」
そんな思いが心の奥底に根付いてしまいます。



強くなってほしい。
そんな思いとは逆に
自分に自信をもてない子に育てる手段を選んでいました。




まだ自分の人生も終わったわけではない。
やりたいことはたくさんある。
だから忙しいときもある。


しかし、親になる道を選んだのも自分
忙しいのは言い訳にすぎませんでした。



「子どもと正面から向き合っているか。」



シンプルなことがどんな子育てマニュアルよりも
大切なこと、正しい方向を教えてくれる
と実感することができた体験でした。



お役に立ちましたら「いいね」や「シェア」をいただけると励みになります☆





子育てに悩みながら親になる


バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ 

代表 小川 一樹
関連記事
  1. 2012/04/13(金) 02:24:48|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<親も一緒に!シュワちゃんの名言から学ぶ子育て | ホーム | 【危険】大量のプリント学習はなぜ子どもを生きる力を奪うのか?>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/04/21(土) 01:10:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: No title

どこから返信したら良いのかわからず、
気がついたらあっという間に期間が過ぎていました。

忙しかったですね・・・
でも、子どもに背を向けず、
子どもの方を見ながら忙しくすることもできました。

「楽しむ」を忘れずに頑張ります!

コメントありがとうございました♪

> 確かに忙しかった。
> でも、そこまで忙しかったか?
>
>
> きっとそこまで忙しかったんです。
> そうでなければきっと叱らない。
>
> 肩の力を抜いて行きましょう。
> 力を抜かないと 笑えませんよ (*^_^*)
  1. 2012/05/08(火) 12:07:50 |
  2. URL |
  3. TJブリッジ 小川 一樹 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/3-1e5f1e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。