子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪口は蜜の味

悪口


狭い空間の中に所属していると、
そこが会社であれ、
学校であれ、
井戸端会議であれ、
遭遇しがちなのが
人の悪口です。


「人の悪口は蜜の味」と言われるように
悪口は集団全体が同調し易いものです。


なぜなら、
悪いところを言えば、
完全否定はできないからです。

人は、良いところ、悪いところを
必ずあわせ持っているからです。


集団の中に蜜(悪口)が入ると、
まるで顕微鏡で人を眺めるのと同じ様に、
徐々に悪いところ以外は視界の外に追いやられます。


やがて良いところは完全に視界から消えてなくなり、
相手は完全悪の存在と変わってしまいます。


いじめのメカニズムがこれなんです。
軽い気持ちで同調している内に
相手が完全悪の存在になることでおこります。


人は誰しも人には厳しく、
自分には甘くなりがちな生き物です。


聖人君子になれと子どもたちに言うことは
自分のことを棚にあげた発言です。


それでも大人である私たちは、
子どもたちには陰口をたたくことは危険だと
伝える必要があります。

軽い気持ちがいじめに繋がるということを・・・。


閉鎖的な空間を作りやすくなるのが、
未来のネット社会。


子どもたちはタブレット型端末で簡単に
閉鎖的な空間を作ることができます。
閉鎖的な空間では、
必ず蜜を入れる子が出るものです。


だからこそ、伝え続けたいことがあります。


人間は良いところ、悪いところを持っていて、
自分も人間であるからには同じ。


自分が我慢している様に、
相手も自分の悪い部分に目をつむってくれている。


お互い少しずつ我慢し合う、
もしくは良いところを見つめ合うのが
人と楽しく笑顔で生きるコツ。


完全には実践できなくても、
心に常に留めておき、
少しでもハメを外しすぎるのをセーブできれば、
伝える意味があります。


教科の勉強以外にも
この様なことも少しずつ伝えていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


子育て情報 ブログランキングへ


バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ
代表 小川 一樹
関連記事
  1. 2013/05/13(月) 16:45:00|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<TJ流☆勉コツ | ホーム | 周期表☆暗記☆語呂合わせ>>

コメント

難しい・・・ですね。
みんなが いけないこと と分かっていても無くならない。 

やる方? やられる方? どっちが悪い?

考えると複雑でこんがらがりそうになるけれど、
もっとシンプルに 誰にでも起こりうること、だと・・・。
やはり ”お互い様” と自分自身も相手も許せるようになって欲しいと思います。
  1. 2013/05/15(水) 20:18:12 |
  2. URL |
  3. しばまま #XnJRo2yA
  4. [ 編集 ]

>やる方? やられる方? どっちが悪い?

どっちもあると思いますよ。

ジャッジは立場で変わるので難しいでしょうが、
陰口はマイナスに進むことが多いことは確かだと思っています。

許せる許せないもあるでしょうが、
それは別として、
陰口を広めるつもりが無くても、
広まってしまうことがあって、
それが原因でいじめに繋がることがあると
心に留めとくことが大事かなって思っています。

許せないものは許せない。
それは聖人君子でもなければ人の常。
ただ、それをどう思う?!って友達に伝えはじめると
同調の波紋が広がり、止められなくなることがあります。
子どもたちの予想を越える結果になるかもしれないと
伝える必要があると思っています☆
  1. 2013/05/16(木) 23:45:13 |
  2. URL |
  3. TJ☆ブリッジ 小川 一樹 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/39-d1f65b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。