子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドキっ。。。間違えて指導してしまった!?

参


参の字、見慣れていますよね。


画像をよぉ~く見ると「大」では無いのに気づきましたか?




私も昔から
子どもたちには「大」ではなく、
「離れた大」字で指導していました。



あることがきっかけで考えさせられました。


塾生が私にあることを伝えてくれました。
それは、学校の先生から、
離れて書いたら間違いで、
塾の先生が間違っていると指摘。。。汗



そんなはずは!?
と思ったのですが、
子どもの前で堂々と間違っていると
述べるということは、かなりの根拠があるはず!


自分は見たまま教えていたので、
深く語源まで調べたこともなかったので、
万が一もありうる!?
と一瞬自信が揺らいでしまいました。



そこで、すぐに手元の携帯でいろいろ調べたのですが、
どの字を見ても、やはり離れている・・・



子どもたちには、間違えてはいないはずだと
伝えたのですが、
念のために詳しく調べてみるとも伝えました。
そして、後日修辞館のHPを調べていると・・・
発見!



古い字は「人」だったようです。
なので「大」と書いても古い字から考えると間違いではないが、
現在は美しく書くために、
離れて書く活字体を採用するようになったとの経緯。


現在は綺麗に書くために離して書くと指導するのが一般的とのこと。


結局、どっちも間違いでは無い。。。


調べるのに疲れましたが、
とても勉強になりました!



それにしても間違っていると
言い切った根拠はどこにあるのか気になるところです。



「その塾の先生」が間違っていると言われたことに、
モヤモヤが残っています。
私のプライドうんぬんではありません。


指導者としての資質の問題です。


指導者は真理を追究する姿勢が必要。
自分が間違っているかもと疑う心も
大切なのではないでしょうか。



その先生は大卒1年目だとのこと。
教師とは・・・じっくり居酒屋で話し合いたい気分になりました!
ちなみに、お酒は弱いので私はコーラで(汗)



バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ

代表 小川 一樹



関連記事
  1. 2013/06/22(土) 03:31:03|
  2. TJブリッジ学習塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<犯罪性チェック☆!!w(゚o゚*)w | ホーム | TJ流☆勉コツ>>

コメント

離れすぎていたのかな? (~_~;)

離れ過ぎると違った漢字に見える・・・そんな理由で子供の答案に
バツが付いていたことが過去にありました ^_^;
  1. 2013/06/24(月) 00:13:50 |
  2. URL |
  3. しばまま #XnJRo2yA
  4. [ 編集 ]

離れて離れてどこかの臨界点を越えたら×。
学校では、その臨界点の規定は各先生の裁量ですね。
  1. 2013/06/24(月) 02:55:09 |
  2. URL |
  3. おかず #RFphBmaY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/41-9c58257e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。