子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お腹を空かせた子に魚をあげてませんか?

ある少年が腹を空かせて、
道ばたで泣いていました。


そこを通りかかった男は
自分で魚を10匹捕まえてあげました。


喜ぶ少年を見て、
自分も幸せな気分になって
その場を別れました。


しかし、少年は数日後も
その道ばたで腹を空かせて泣いていました。


そこを通りかかった男は、
魚が隠れていそうなところ、
魚の捕り方を教えながら、
一緒に1匹だけ捕まえてあげました。
釣り



男は幸せそうな顔をして
その場を去っていきました。



1匹だけの魚を見て、
少年は少し不満そうな顔をしていました。




しかし、二度と少年はお腹を空かせ、
その道で泣くことはありませんでした。



教育とは、
安易に答えを与えるのではなく、
子供たちに勉強の仕方、
または生き方を教え、
はぐくむものであるべきだということを
教えてくれる話です。



何か問題が起きたとき、
大人がすぐに魚を与えてあげれば、
静かになり、子供も大人もらくになります。



すぐに与えないで、
捕り方を教えることは
子供にとっても大人にとっても
大変な作業になりますが、
これこそが大切なこと。




今、我々大人が子供に
良かれと思ってしていることが、
魚を与えているのか、
魚の捕り方を教えているのか、
よくよく注意が必要です。



本当の優しさは
子供自身で捕り方を学ぶ側に
付き添い、行き詰まったところで導くこと。



自立。


自分で生きていけるように
導いてあげることが子育ての重要な役割です。


安易に魚を与えずに
導いていただけたらと思います☆



子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ

代表小川 一樹


関連記事
  1. 2013/09/16(月) 11:10:00|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<自分の人生【覚悟】できていますか? | ホーム | 常勝思考>>

コメント

そうなんですよね・・・
大人として与えるのは簡単だし、その方が子供も喜ぶし
親も楽だし・・・
でも、いつまでたっても与えられるのを待つ子に
なってしまいますね。

親も子供も自立しないといけませんね。
反省です。
  1. 2013/09/16(月) 22:09:37 |
  2. URL |
  3. しば #XnJRo2yA
  4. [ 編集 ]

個の確立

【1人で生きることができる力】
をもつことができ、
もった人同士が協力しあえれば、
大人としての良い関係ができあがりますよね。

1人で生きる力が無いまま大人になると
何かに依存しがち。
依存同士が協力し合うと
泥沼化しがち。

1人で生きる力を
身につけるために、
子供のうちは、
多少突き放すことも必要。
また、「物の考え方」
を指導する必要があると考えています☆
  1. 2013/09/17(火) 10:58:39 |
  2. URL |
  3. おかず #RFphBmaY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/47-be97291c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。