子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【強制的な指図】子供のころ自分が嫌だったこと

子供のころ嫌だったこと


バンコク学習塾TJブリッジ怒り

自分が子供だったこと、
いろいろと親から指図されるのが
とても嫌でした。


だいたい、就職先も反発がモチベーションの一部となって
決めたくらいです。



そんな思い出を
息子に指図しながら思い出しました。苦笑
やばいです。
完全に同じ嫌なことをしていますw



子供は子供なりに自分の価値観をもっていて、
浅はかなものでも、大切な価値観。



その子供の価値観は
大人と同じである必要は全くありません。


私たち大人の価値観が正しいとは限らない



そもそも私たちの価値観だって
危ういものですよね。



正しいとされていた受験という価値観に従って
従順に大人になった人がリストラ。
公園デビュー。


エリート学生がニートの道へ・・・


高学歴の政治家が
汚職まみれだったり。




自分たちの価値観が絶対ではないからこそ
私の根底には、ある考え方があります。



子供の価値観を
強制的に私たちの価値観に従わせようと
しないということ
です。



もちろん、完全放任はダメです。
人間の善悪の価値観は
ある程度教えてやる必要があります。




人生の先輩として、
子供たちの価値観に寄り添って
真剣にアドバイスをするのです。



そもそも自分の子供のころを思い出してください。
大人から強制されることって、
反発したくありませんでした?
それが子供という生き物です。




強制的にやらそうとするのは近道な様で行き止まりの道。
寄り添ってアドバイスする道は険しいときがありますが、
必ずゴールにつながる道ですよ。
ただ面倒なのは事実です。


でも、考えてください。
パッと燃え上がる炎より
備長炭の炭火の方が長く長く
燃えるますよね?
それと同じですよ。


バンコク学習塾TJブリッジ炭火



強制からは親と子の間にストレスは生まれても
実りは少ないもの。



愛があるからこそ伝えたい。アドバイスしたい。
疎まれようが、
人生の1人の先輩として真剣に。



子供って筋が通っていると、
結構真剣に耳を傾けてくれるものですよ。




その前に信頼関係ができていることも大事かな・・・
   (※父と子の信頼関係の記事についてはこちら
日頃家にいないのに
急にアドバイス!とか言っても
「は?」って感じです。



反発する我が子を見て、
かつて反発していた自分を思い出したので、
自戒の念と共にこのコラムを書きました。(照



子供の未来のために
子供の価値観にこちらから寄り添っていき、
真剣に耳を傾けて
アドバイスをしていきましょう!



お役に立ちましたら「いいね」をいただけると励みになります☆



子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ
小川 一樹

関連記事
  1. 2013/10/22(火) 17:13:14|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<徒然なる武道論 | ホーム | 保護者の方から・・・>>

コメント

ブログ訪問して頂きありがとう御座いました!
子育ては真っ最中の私で周りが見えない事が多いです。とくにアスペルガーな息子の子育ては迷いばかりです。うちは主人が子育てに一切参加しないので(特に息子は)色々迷うことばかり。本当に難しいです。

親子喧嘩ありますよね。私はあまりないんですが以前マニラで公文教室と幼児教室をしていた時に保護者の方が悩んでおられました。私はとにかくひたすら保護者の方の悩みの聞き役をしていた気がします。自分の意見を言ってもそれこそ意味がないと思ったのです。本当に価値観は様々ですね。

バンコクで頑張っておられるんですね!
来月、チェンマイで提灯を空に飛ばすお祭りがあるので初めてタイに行く予定です。末っ子(9才)が偏食なのでかなり心配ですが楽しい旅になるといいなと思っています。
  1. 2013/10/24(木) 01:11:11 |
  2. URL |
  3. 菜の花  #qj736MGw
  4. [ 編集 ]

ほぼお一人での子育てということで、
とてもご苦労があったことと思います。


私も教員時代にアスペルガーと診断された子を受け持ったことがありますが、
日々、悩んでいたことを思い出します。。。


公文、幼児教室をされていたのですね。

まさに価値観は様々ですね。
私は相手がもっている価値観を
形成している根本の考え方を
見通す様に聞きながら、
私も価値観をもった1人の人間として、
こういう意見も参考になりますか?
といったスタンスでいるように
心がけています☆


チェンマイの祭りは
私もまだ行ったことが無いのです。。。
行った人の話だと、
幻想的ですごく感動するとのこと
なので、ぜひブログでアップして
いただけたらと思います☆

今後とも、よろしくお願い致します☆
  1. 2013/10/25(金) 11:44:57 |
  2. URL |
  3. 小川 一樹 #RFphBmaY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/66-8f17675c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。