子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供の成長の機会を奪う・・・便利

便利は成長には不便なものです。


極端な話ですが、
もし、子供の口に自動的に食べ物を運んでくれる
そんなロボットがあれば、
子供は箸を上手に使うことができなくなりますよね?



そんなロボットはいらない!
なんて思うのが普通なんですが、
実は似たようなことが子育てにも行われがちです。




例えば、わらないとすぐに大人に泣きつく子がいますよね。
するとすぐに優しく助けてあげる大人って結構多いんです。



わからないことは負荷です。
普通負荷をかけられると筋肉は鍛えられますよね?



もちろん、勉強でもわからないことが負荷になって
勉強以外にも精神的にも成長することができるんです。


にもかからわず、
わからないこと=悪
となりがちです。



もし、簡単に答えを与えたり、
ヒントを与えたりすれば当然負荷は減ります。


子どもは答えをしってすっきりするかもしれませんが、
ただ解法を暗記したに過ぎず、
頭そのものを鍛える機会を失っています。

think.jpg


わからないことを考えるのが人生です。
そのための訓練には最適な勉強。



勉強というものは勉強の内容そのものだけが目的ではなく、
生きるために頭を鍛えていくことが
目的であるのではないでしょうか。




それにもかかわらず
わからない問題があるとすぐにヒントを求める子に
優しすぎる対応をする大人が多すぎることが
とても問題だと感じています。



特に家庭教師と勉強しているという子に
問題が起きることが多いのです。


隣に優しいお兄さん、お姉さんがいると
聞きたくなるんですよね。
すぐに答えを聞ける環境はとても便利だから
頼りたくなって当然です。



便利であればあるほど、
自分の頭を使わなくなる危険性があるんです。




わからないことを考える
プロセスにこそ頭を鍛える負荷がある。




すぐに答えを知る前に、
できる限り自分の頭で1回考えさせる。
できないからと助ける前に
ちょっと粘ってやらせてみる。



そのことを念頭に
子供達と接することで、
子供達は大いに成長する機会を得ることでしょう。



目指すは適切な負荷が溢れる環境。



共に考えながら子育て頑張りましょうね!



子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ
代表 小川 一樹

関連記事
  1. 2013/11/17(日) 02:51:56|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンク集 | ホーム | 【人生1度】自分のために生きよう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/75-c3531b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。