子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子育てにイライラしてしまうこと・・・

息子に宿題を教えていたとき、
同じことを何回も間違えるので、
ついついイライラが口調に出てしまい、
険悪なムードになってしまいました・・・


職業柄イライラして教えてはいけない
と頭ではわかっていても、
身内になるとついつい・・・。


罪悪感にさいなまれながら、
息子を寝かしつけました。


寝静まった後、
息子の寝顔を見ていると
昔の思い出が蘇りました。

赤ちゃん

私は息子の出産に立ち会い、
産まれてすぐに抱っこしました。


その軽さ、柔らかさに
はかなさ、あやうさ、命の尊さを覚えました。


赤ちゃんのころは、
時に高熱を出したり、
食事を戻したり、
そんなことがあったりする度に
元気に生きていてくれるだけで
ありがたいという気持ちでいっぱいでした。


時が経ち、
息子は小学1年生。


成長するに従って、
あれもこれもと勝手な期待から
要求が膨らんでいることに
気がつきました。
もちろん、彼の成長のためには
いろいろと教えてあげることは大切です。


でも、あの頃の「元気でいてくれたら・・・」
という思いが薄らいでいた自分が確かにいるという
事実には変わりありません。


寝顔を見ながら気がつきました。


私の周囲を見ていても、自分を見ていても、
小学校の段階で多少できないことなどあっても、
大人まで引きずって、
一生を棒にふるほどのダメージをうける人は
そんなにいません。

何かのきっかけですぐに変わるものです。


些細なことに目を奪われて、
イライラするより、
何よりも大切な「今」のありのままの息子と
自分との関係をしっかりと育むことが
大切だと感じました。


「未来の子供のため」
という伝家の宝刀に魅了され、
「今」を心から大切にすることができていない自分を
大いに反省しながら
しばらく寝顔を見ていました。


今後もすぐに子供とはぶつかることがありますが、
今までより少し大きな心で受け止めることができそうな気がします。



子育てに悩みながら親になる

バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ
代表 小川 一樹

関連記事
  1. 2014/01/19(日) 20:52:08|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人の目を気にさせる子育てはトラウマになる!? | ホーム | 不老不死は現実に!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/90-98d29174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。