子育てに 悩みながら 親になる ~悩んだ数だけ 親になる~

元東京都公立小学校・バンコク日本人学校の教師による【子育ての悩みに役立つ情報】を紹介☆ 左下の『カテゴリー』から。 今は、バンコクのトンローソイ9で学習塾【TJ☆ブリッジ】の塾長をしています★【HP】http://tjbridge.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感情の波に乗りましょう☆

若い頃、サーフィンをかじっていたことがあります。


サーフィンの楽しさの1つは、
海との一体感です。
波乗り


じわりじわりときた波のうねりを感じ、
行ける!と思ったときに自分を波に合わせ、
波の起こるタイミングに合わせて、
自分で勢いをつけて立ち上がる。


全てが波に自分を合わせていくことです。


この毎回違う波に
自分を合わせ、びしっと合わさった時に
最大の喜びを感じることができます。



人間の心のうねりは
海のうねりと似ています。


外部の状況に対して、
感情のうねりが起きます。


そのうねりを押さえ込もうとすれば、
その感情に支配されます。



例えば怒り。

怒らないように怒らないように・・・
怒りという感情を支配しようとすればするほど、
逆に怒りに集中することになり、
その感情に支配されてしまいます。



自然に起こる怒りの感情を抑圧しようとするのではなく、
その感情に合わせ、コントロールすることが
大切だと考えています。



波を支配するのではなく、
波に合わせるサーフィンと同じです。




何かに対して怒りの感情が起こる。


しかし、それに正面からぶつかり、
すぐに発散するのではなく、
怒りを感じながら、
怒りの気持ちを抱くことは悪いことではない。
怒っている自分を認め、客観視することで、
気持ちをコントロールする方向に。




相手に期待し過ぎている自分がいないか。
こうあるべきという思いから外れているから
怒っているだけで、良く考えてみれば、
見逃せないレベルでは無いのかもしれない。



自分を相手に投影し、
相手に無理に自分の理想像を強制していないか。



自信の無い自分を守るために
過度に反応し過ぎていなかったか。



もちろん、見逃せなければ、
思いを伝えても良いでしょう。




でも、すぐにぶつけるのではなく、
一端、コントロールしようと怒りに合わせることも
大切だということです。



他人と一緒に生活を営む社会では、
価値観の違いから怒りの感情が湧くのは当然。



怒りを抑圧しながら生きていては、
自分が壊れてしまいます。
周りにぶつけまくっていては、
他人も自分も無用なストレスが溜まります。



怒りに支配されてすぐにぶつけるのではなく、
怒りに支配されて、むっつりするのではなく、
怒りを抑圧するのではなく、
怒りをコントロールする。



ぜひ、怒りを抑圧せず、
コントロールすることを意識して生活できれば、
みんなが少しずつ笑顔に近づけるかもしませんね。


バンコク 学習塾
TJ☆ブリッジ
代表 小川 一樹


------------------------------------------------------------------



関連記事
  1. 2014/02/02(日) 13:50:07|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インフルエンザの人は部屋に隔離?手洗いうがいの効果は? | ホーム | 自分の育て方が悪いのでは?と落ち込みがちな方へ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjbridge.blog.fc2.com/tb.php/95-61ecb647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。